Search
Calendar
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930    
<< September 2014 >>
ランキングに参加しています。クリックお願いします。
にほんブログ村 美容ブログへ
にほんブログ村
Recommend
New Entries
Recent Comment
Recent Trackback
Category
Archives
Profile
Links
mobile
qrcode
RSSATOM 無料ブログ作成サービス JUGEM
緊急告知‼モニターの割引率を変更します
 本日と明日は、私は日本美容外科学会(JSAPS)に出席するためお休みを頂いております。皮膚科の藤田先生の診療となりますので、スキンケア診療・レーザー脱毛・ウルトラアクセントやLIPOSONIXなどの部分痩身治療・ボトックスなどの注射療法のみの診療となります。美容外科手術につきましては、カウンセリングのみでもお受け頂くことが出来ません。患者様にはご迷惑をおかけ致しますが、更なる技術向上のためですのでご了承下さい。

 現在の初診患者様のご予約が1ヶ月〜1ヶ月半待ち・・・という異常事態に際し、熟慮をしたうえで苦渋の決断をすることに致しました。今までほとんどの施術のモニター患者様を半額で行ってまいりましたが、モニター患者様の割引率を50%→30%に変更することといたしました。

 うちのクリニックはキャンペーンを全く行わないクリニックです。そのため、私の施術を受けたいけれど正規の金額では難しいという患者様のために、ご希望の方は全て半額モニターとして採用してまいりました。ですが、モニター患者様であるにもかかわらずきちんと検診に来て頂けない方もいらっしゃいますし、何よりも初診患者様のご予約があまりにも取りにくくなってしまったので、モニター患者様の割引率を変更することにした次第です。

 ただ、今日から急に・・・というわけにはまいりませんので、移行期間を設けます。
1.すでにカウンセリングにて半額モニターとして料金設定されている患者様については、年内の施術は半額で行います。
2.10月末日までにカウンセリングにいらした患者様でモニター希望があり年内の手術をご希望の患者様は、年内の施術は半額で行います。
3.11月1日以降にカウンセリングを受けられる患者様でモニターご希望の方は30%の割引率を適応します。
4.2015年1月1日以降に施術を受けられる場合は、すでにカウンセリング済みの方であっても割引率は30%といたします。
以上です。

 ですから、どうしても半額モニターで施術をお受けになられたい方は、10月末日までにカウンセリングをお受け頂き、年内に施術をお受けになられて下さい。今後ご予約状況が変わればまた割引率の変更も考慮いたしますが、取り敢えず当面はモニター患者様の割引率は30%と致します。

 先日いらした患者様からお心遣いを頂戴しました。
IMG_3470.JPG
 美味しい焼き菓子をご馳走様でした。

あきこクリニックTEL03−5717−3444またはメールinfo@akiko-clinic.comまでご連絡お待ちしております。当院ホームページはhttp://www.akiko-clinic.comです。

ランキングに参加していますので
こちらをクリックして下さい★
    ↓↓↓↓↓↓
http://beauty.blogmura.com/  
 
posted by: akiko-clinic | その他の施術 | 06:23 | - | - |-
二重埋没法(MT法)の直後の状態
 一時期はあまりやっていなかったMT法ですが、他の先生から有益なアドバイスを頂き、最近また沢山行っています。まずは施術前のお写真です。
DSC03267.JPG
 患者様は10代の女性です。うっすらとは二重のシワがついているのですが、はっきりとした二重にはなっていません。右目(向かって左側)の薄い線を濃くする感じで6ミリ幅でMT法を行いました。施術直後のお写真です。
DSC03282.JPG
 MT法を行うとまつ毛もしっかりと上がって黒目が大きくなった様に見えます。大きな腫れはなくこの状態ならばサングラスも眼鏡もなしで外を歩いて帰ることが出来ると思います。また1ヶ月後検診にお見えになられたら経過をご報告いたしますね。

 MT法で行った患者様が早急に元に戻ってしまうことがあり、一時期はMT法ではない従来法ばかり行っていたのですが、戻りにくくする肝の部分を教えて頂いたので最近はまたMT法ばかり行っています。やはりMT法で経過が良ければ圧倒的に腫れが少ないので、従来法を行うことがグッと減ってきました。ただ、やはりこの方法の向いている瞼・向いているラインというものがあり、そこから外れていると判断した場合は従来法をお勧めすることもあります。

 夏休み中は二重の手術がとても多くありました。埋没法も切開法も眼瞼下垂も沢山させて頂きましたが、目の手術は本当に経過に個人差が大きく、思いがけず腫れと内出血が強く出てしまう方もいらっしゃいます。あまりタイトな日程で手術をお受けになられると、ダウンタイム中に不安になってしまうこともありますので、ある程度時間に余裕のある時に手術をお受け頂くことをお勧めいたします。

 当院では二重埋没法は1点止めダブルノット法が両目で5万4千円(片目3万2400円)、2点止めシングルノット法が両目で7万5600円(片目4万5360円)、2点止めダブルノット法が両目で9万7200円(片目5万8320円)、MT法が両目で10万8千円(片目6万4800円)で施術を行っておりますが、いつものお約束通り(笑)「ブログを見た」と言って頂ければ10%オフにて施術いたします。また、この患者様のように患部のお写真を提供して頂ければ施術費用が半額になる半額モニター患者様も募集しております。

この施術に関する過去の症例記事がございます。左カテゴリーより選択の上ご覧下さい。

あきこクリニックTEL03−5717−3444またはメールinfo@akiko-clinic.comまでご連絡お待ちしております。当院ホームページはhttp://www.akiko-clinic.comです。

ランキングに参加していますので
こちらをクリックして下さい★
    ↓↓↓↓↓↓
http://beauty.blogmura.com/  
posted by: akiko-clinic | 目元 | 06:40 | - | - |-
アラガンアカデミーとJAASのセミナーに行ってきました
 今日から9月ですね。我が家の子供達の夏休みも終わり、今日からはまた毎朝5時起きのお弁当作りの生活が始まりました。なんだか毎年月日の過ぎるのがどんどん早くなっていくような気がするのは年のせい?今年もあと4か月・・・今年は仕事もプライベートも飛躍の年となっていますが、残りの4か月も全力で頑張ろうと思います。

 土曜日は、診療を午前中で切り上げて午後から東京ドームホテルで行われたアラガンアカデミーに行ってきました。
iPhoneImage.png
 講師はブラジルからお越しになられたDr.Mauricio de Maioです。この先生は解剖学にとても詳しく、2006年からアラガンマスタークラスの講演をなさっていて、中顔面における「8ポイントリフトテクニック」や鼻の「5ポイント形成テクニック」、頤部の「6ポイント形成テクニック」など、アジア人の治療について標準化された方法の発案者だそうです。

 今回は中顔面の「8ポイントリフトテクニック」についてのお話だけでしたが、「あんなところに入れてこんな効果が?」と思うような部位への注入で、安全で効果的なリフトアップができることを教えて頂き、大変勉強になりました。アセスメントをDr.Mauricioが行い、実際の注入は今泉明子先生が行うという形でライブインジェクションが行われましたが、今泉先生の注入テクニックも素晴らしく、明日からの診療にすぐに活かせそうなテクニックでした。

 休憩時間に仲良しの先生と写真を撮って頂きました。
iPhoneImage.png
 講演終了後にはDr.Mauricioとも写真を撮って頂きました。
iPhoneImage.png
 日曜日はまたまた休日を返上して新宿の山本クリニックで行われた「下眼瞼」に関するセミナーに行ってきました。開業医はなかなか他の先生の手術を見る機会がないので、定期的に行われるJAASのセミナーで他の先生の手術を見ることはとても勉強になります。
iPhoneImage.png
 ハムラ法2例と経結膜脱脂を見せて頂きましたが、ハムラ法で脂肪を固定する時の山本先生のちょっとした工夫が「なるほどね」と思う工夫で、早速取り入れてみようと思いました。目の下のたるみ・クマの治療は奥が深くてなかなか「この方法が絶対正解‼」と思える方法には出会えません。患者様の状態によっては手術よりもヒアルロン酸やPRPの注入の方が結果が良い場合もありますし、手術を行わずに注入をするとおかしなことになってしまう場合もあります。

 セミナー終了後は恒例の記念写真です。
iPhoneImage.png
 今日は月曜日でクリニックは休診日です。今日は珍しく何にも予定のないお休み・・・とは言っても始業式の息子は学校からすぐに戻ってきてしまいますが、大好きな読書くらいは出来そうかな?たまにはのんびりと過ごします。今週はJSAPSの学会もあり、勉強する日々が続きますが「趣味は勉強」なのでしっかりと勉強して日々の診療に活かしたいと思います。

あきこクリニックTEL03−5717−3444またはメールinfo@akiko-clinic.comまでご連絡お待ちしております。当院ホームページはhttp://www.akiko-clinic.comです。

ランキングに参加していますので
こちらをクリックして下さい★
    ↓↓↓↓↓↓
http://beauty.blogmura.com/  
posted by: akiko-clinic | セミナー・学会 | 07:22 | - | - |-
他院の涙袋へのヒアルロン酸注入を修正した症例
 お顔を拝見した時に思わず涙袋に目が行ってしまうようなヒアルロン酸注入の仕方はまずいと思います。本日お見せする患者様は、他院で入れた涙袋のヒアルロン酸を溶かして入れ直した症例です。まずは施術前のお写真です。
DSC03389.JPG
 患者様は40代の女性です。どう見ても大きすぎる涙袋なので、「1回溶かして大人可愛く入れ直しませんか?」と口説いてしまいました。ヒアルロン酸分解酵素の注入と左目のみの目頭切開を行って5日後の抜糸直後のお写真です。
DSC03423.JPG
 左目(向かって右側)に少し内出血が出てしまいましたが、きれいに溶けました。でも、このままだと少し目元が寂しい印象です。目頭切開の傷は抜糸直後で赤味が強い状態です。この日に当院でヴィタールライトをエンジェニードルを用いて0.4ml注入いたしました。施術直後のお写真です。
DSC03436.JPG
 大人可愛い涙袋になりました。

 涙袋へのヒアルロン酸注入も、とてもセンスの問われる施術だと思います。特に40代以降の女性が10代20代の女性と同様の大きな涙袋にしてしまうと、「痛い」感じになると思います。私も涙袋にヒアルロン酸を入れていますが、ついつい「もっともっと‼」と思ってしまいがちですが、スタッフから「あきちゃん、それ以上入れると痛い人だから‼」と注意されて思いとどまっています。私も患者様が痛い人になりそうなときは、ちゃんとお止めしますからね。

 当院では涙袋へのヒアルロン酸注入は少量(0.5mlまで)ですと1回4万3200円、多量(1.0mlまで)ですと1回8万6400円で施術を行っておりますが、いつものお約束通り(笑)「ブログを見た」と言って頂ければ10%オフにて施術いたします。また、この患者様のように患部のお写真を提供して頂ければ施術費用が半額になる半額モニター患者様も募集しております。

 本日は日曜日でクリニックは休診日ですが、私は新宿で行われるJAASのセミナーにて下眼瞼の手術の勉強をしてまいります。昨日のアラガンアカデミーの内容もとても良かったので、また後日このブログにてご報告いたしますね。

この施術に関する過去の症例記事がございます。左カテゴリーより選択の上ご覧下さい。

あきこクリニックTEL03−5717−3444またはメールinfo@akiko-clinic.comまでご連絡お待ちしております。当院ホームページはhttp://www.akiko-clinic.comです。

ランキングに参加していますので
こちらをクリックして下さい★
    ↓↓↓↓↓↓
http://beauty.blogmura.com/  
posted by: akiko-clinic | 目元 | 07:29 | - | - |-
「頼れるドクター田園都市」に掲載して頂きました
 「頼れるドクター田園都市2014−2015版」にあきこクリニックが掲載されました。
IMG_3469.JPG
 掲載されたページはp125で、「女性医師のいるクリニック」という特集の中です。
IMG_3468.JPG
 昨年の冬に導入したウルセラについてご紹介させて頂いたのと、女性医師ならではのこだわりについて語らせて頂きました。よろしければ書店で手に取ってみて下さいね。

 うちのクリニックは徹底的に「個別」にこだわっていて、カウンセリングルームや施術室が個室なのはもちろんのこと、待合室も個別ブースになっているので、ほぼ他の患者様と顔を合わせることなく診療を終えることが出来ます。また、クリニック内の内装をオレンジを基調とした暖色系で統一しており、ご来院頂いた方がゆったりとリラックスできるように工夫しています。そのせいか、一度ご来院になられた方がリピーターになる確率は90%くらいと美容クリニックとしてはかなりリピーター患者様の多いクリニックです。

 患者様のほとんどは私のこのブログをご覧頂いておいでになられるので、私の施術の傾向や私の性格も良くご存知の方ばかり。初めてお会いする患者様も「先生のブログを毎日読んでいるので、初めて会った感じがしません。」と言って頂けます。いつも和やかに診療を行っているので、今は私はお仕事が毎日楽しくて仕方がありません。

 そして診療以外の時間をかなり割いて勉強会・学会に行っていますが、本日はアラガンのアカデミーがあり、ブラジルから凄腕と評判のドクターがお越しになり講義をして下さいます。アセスメントが凄いと聞いたので、しっかりと勉強してこようと思います。そして明日の日曜も休日返上でJAASのセミナーに行ってきます。「趣味は勉強です‼」と患者様にも申し上げておりますが、しっかりと勉強したことをすぐに診療に活かしてまいりますね。

 一昨日いらした患者様より手作りのブローチを頂きました。
IMG_3467.JPG
 大好きなお花モチーフで大好きな水色♡とても嬉しいです。大切に使わせて頂きます。

あきこクリニックTEL03−5717−3444またはメールinfo@akiko-clinic.comまでご連絡お待ちしております。当院ホームページはhttp://www.akiko-clinic.comです。

ランキングに参加していますので
こちらをクリックして下さい★
    ↓↓↓↓↓↓
http://beauty.blogmura.com/  
posted by: akiko-clinic | テレビ・雑誌の取材 | 07:35 | - | - |-
小鼻縮小術の1ヶ月後までの経過
 本日お見せする患者様は控えめな小鼻縮小術を希望された患者様です。まずは施術前のお写真です。
DSC01551.JPG
 患者様は20代の女性です。主に倒しこむような感じでMAX3ミリ幅で主に粘膜側を切除しました。術後5日後の抜糸直後のお写真です。
DSC01665.JPG
 少し腫れが残っています。術後1ヶ月後のお写真です。
DSC02363.JPG
 腫れが引いてきれいに小さくなりました。鼻翼の幅が目と目の間に収まって理想的な状態です。施術前の下から見上げた写真です。
DSC01552.JPG
 抜糸直後の下から見上げた写真です。
DSC01666.JPG
 抜糸直後なので傷が少し生々しい感じです。術後1ヶ月後の下から見上げた写真です。
DSC02365.JPG
 すでに傷跡の赤味も目立たない状態になりました。

 小鼻縮小は私の大好きかつ得意な手術の一つです。鼻翼の外側の傷はきれいに治らないこともあるので、本当に必要な人以外は外側には傷を作らず鼻翼の下と主に粘膜側を切除して手術を行っております。小鼻縮小は単体で行うとそんなに腫れる手術ではありません。5日〜7日見える位置に糸が付きますが、どうしてもその期間中も仕事に行かなければならない方には外縫いの糸を透明で縫うようにしています。

 抜糸後は傷は赤みがある状態ですので、女性の場合はメイクでカバーして頂いております。この傷の赤味は2〜3か月で自然に引いて白い細い線となります。この白い線は消えることはありませんが、正面視では目立ちません。素顔で下から見上げるとわかるという程度です。

 当院では小鼻縮小術は27万円で施術を行っておりますが、これには麻酔代・薬代・再診費用・1年間の完全保障が含まれております。1回の手術で気に入って頂けるようにベストを尽くしますが、もしも「もう一回り小さくしたい」というような場合には1年以内の再手術は無料で行っております。いつものお約束通り(笑)「ブログを見た」と言って頂ければ10%オフにて施術いたします。また、この患者様のように患部のお写真を提供して頂ければ施術費用が半額になる半額モニター患者様も募集しております。

この施術に関する過去の症例記事がございます。左カテゴリーより選択の上ご覧下さい。

あきこクリニックTEL03−5717−3444またはメールinfo@akiko-clinic.comまでご連絡お待ちしております。当院ホームページはhttp://www.akiko-clinic.comです。

ランキングに参加していますので
こちらをクリックして下さい★
    ↓↓↓↓↓↓
http://beauty.blogmura.com/  
posted by: akiko-clinic | | 07:40 | - | - |-
ダーマスプリングリフトアイを導入いたしました
 とりあえず糸だけは購入していたけれど価格設定に悩んでいたダーマスプリングリフトアイの価格設定を行い、ネーミングも決めました。ダーマスプリングリフトアイではとっても長いので、「プチアイリフト」と名付けることにしました。「プチアイリフト」は、先端が鈍になっている針にショッピングスレッドと同様の溶ける糸がセットされており、内出血の可能性が低くて目の下のたるみに効果のある治療です。

 プチアイリフトの糸を目の下の脂肪が膨らんでいるところに挿入すると引き締めの効果が出て、目の下のくぼんでいるところに入れるとコラーゲン増生の効果でふっくらとしたようになります。つまり、目の下が膨らんでいる人にもくぼんでいる人にも適応があるのです。

 先端が鈍になっているので、30Gで針穴を開けてから挿入します。針穴を開けた時点で内出血が出てしまうこともあるので、絶対に内出血が出ないとはお約束できませんが、ショッピングスレッドを目の周りに挿入する場合と比べるとずっと内出血の確率は低いと思います。

 1方向から挿入するよりも2方向から挿入した方が効果があり、片側に10〜15本挿入するのがお勧めです。気になる施術費用ですが、プチアイリフト10本で6万4800円、20本で10万8千円、30本で14万400円です。いつものお約束通り(笑)「ブログを見た」と言って頂ければ10%オフにて施術いたします。また、患部のお写真を提供して頂ければ施術費用が半額になる半額モニター患者様も大募集いたします。

 昨日いらした患者様よりヴィドフランスのピタパンを頂きました。
IMG_3463.JPG
 お昼に美味しく頂きました。また、別の患者様からは可愛い文房具を頂きました。
IMG_3464.JPG
 早速使い始めました。リピーター患者様からはプレッツェルを頂きました。
IMG_3466.JPG
 ご馳走様でした。

あきこクリニックTEL03−5717−3444またはメールinfo@akiko-clinic.comまでご連絡お待ちしております。当院ホームページはhttp://www.akiko-clinic.comです。

ランキングに参加していますので
こちらをクリックして下さい★
    ↓↓↓↓↓↓
http://beauty.blogmura.com/  
posted by: akiko-clinic | アンチエイジング | 07:17 | - | - |-
唇へのヒアルロン酸注入
 私自身にとっては唇の厚みはコンプレックスでしたが、世の中では厚め唇がまだまだ流行中です。患者様からも「先生の唇は理想的な形です」と言って頂くこともあり、以前は唇を薄くする手術を受けようとまで思っていましたが、今では「あの時焦って手術を受けなくて良かった」と思っております。私の唇が厚いせいか、当院には唇にヒアルロン酸を入れたいという患者様が沢山いらっしゃいます。まずは施術前のお写真です。
DSC03115.JPG
 患者様は20代の女性です。流行りのアヒル口にしたいというご希望です。上唇はヘリをしっかりと作り、両端の内側にもボリュームを出してアヒル口にし、残ったヒアルロン酸を下唇全体にまんべんなく注入しました。エラビエディープラインを上下で1ml注入いたしました。施術直後のお写真です。
DSC03119.JPG
 可愛いアヒル口になり、口角も上がって見えると思います。

 唇へのヒアルロン酸注入は、非常にセンスの問われる施術だと思います。時々「いかにも唇にヒアルロン酸入れています」という方をお見受けいたしますが、あれはちょっと・・・。ご本人様がその状態を希望されているのかもしれませんが、思わず駆け寄って「あの〜、その不自然なヒアルロン酸注入私に直させてもらえませんか?」と声をかけたくなる衝動と戦っています(笑)。

 唇は敏感な場所なので、ヒアルロン酸注入はそれなりに痛いです。痛みを軽減するために塗る麻酔を使用しておりますし、ヒアルロン酸自体にも麻酔薬が添加されているものを使用しておりますが、それでも痛みはゼロにはなりません。また、注入の翌日は腫れてサザエさんに出てくる穴子さんのようになりますが、この腫れは一日で収まるので心配ありません。

 当院ではヒアルロン酸注入は部位に関わらず少量(0.5mlまで)ですと1回4万3200円、多量(1.0mlまで)ですと1回8万6400円で施術を行っておりますが、いつものお約束通り(笑)「ブログを見た」と言って頂ければ10%オフにて施術いたします。また、この患者様のように患部のお写真を提供して頂ければ施術費用が半額になる半額モニター患者様も募集しております。

 昨日は頂き物の多い一日でした。スタッフのためにラスクを頂きました。
IMG_3455.JPG
 我が家にはお漬物を頂きました。
IMG_3462.JPG
 また、別の患者様からはチョコリングを頂きました。
IMG_3457.JPG
 ご馳走様でした。今週手術予定の患者様からは葡萄を頂きました。
IMG_3456.JPG
 皮のまま食べられる葡萄でとても美味しかったです。リピーター患者様からはクロワッサンたい焼きを頂きました。
IMG_3459.JPG
 また別のリピーター患者様からはお煎餅を頂きました。
IMG_3461.JPG
 いつもお心遣いありがとうございます。皆様ご馳走様でした。

この施術に関する過去の症例記事がございます。左カテゴリーより選択の上ご覧下さい。

あきこクリニックTEL03−5717−3444またはメールinfo@akiko-clinic.comまでご連絡お待ちしております。当院ホームページはhttp://www.akiko-clinic.comです。

ランキングに参加していますので
こちらをクリックして下さい★
    ↓↓↓↓↓↓
http://beauty.blogmura.com/  
posted by: akiko-clinic | 口元 | 06:59 | - | - |-
またまたn-COGリフトのセミナーに行ってきました
 仲良しの奈良の吉田由佳先生が、「n-COGの新しい入れ方をあみだした〜。だからまたセミナーする‼」というので、日曜日を返上して六本木ヒルズにあるアオハルクリニックで行われたn-COGリフトのセミナーにまたまた行ってきました。n-COGリフトは、溶ける糸が先端が鈍になっているカニューレにセットされており、内出血やダウンタイムがほとんどないのに結構リフトアップの効果が期待できる糸で、導入以来当院でも大人気の治療です。

 私自身の顎下にも左右に2本ずつ合計4本入っていますが、久しぶりに私の顔を見た患者様が「先生また痩せました?え?痩せたのではなくて糸を入れたんですか?じゃあ同じのやって下さい‼」という具合で、ほとんど説明をしないうちに患者様が施術を決めてしまうほど効果の出る糸です。

 今までは1つの針穴から片側5本の糸を入れていましたが、ゆかちんが考案した「○○○○○○(ピー)法」で行うともっと効果が出ることがわかりましたので、早速パクらせて頂きます(笑)。たぶん1回目のn-COGリフトのセミナーに出た先生方は、「2回目のセミナーに出たってそう目新しいこともないだろう」と思われていたと思いますが、甘い甘い‼私やゆかちんの世代は、大学時代にバブルを経験していますので何事に対しても貪欲です。良い治療法があっても、「もっと患者様に満足して頂くためにはどうすれば良いのか?」と常に考えており、進化し続ける世代なのです。

 私も大手美容外科にいた15年間よりも開業してからの5年間の方がずっと成長しているので、大手にいた頃の昔の手術の技術を云々されたくありません。私はずっと進化し続けていますので、今の私の技術で評価をして頂きたいと思います。仲良しのゆかちんと写真を撮って頂きました。
iPhoneImage.png
 そして参加された先生方とも記念写真を撮りました。
iPhoneImage.png
 なんだかいつものJAASのセミナーメンバーやら仲良し女医さん達の姿が見受けられますが、このメンバー以外に千春先生と福岡の飯尾先生もいらしたのですが、早めに抜けて某レーザー会社のセミナーへとはしごしていきました。セミナーや学会で見かけるメンバーは大体いつも同じで、学ぼうする人と十年一日が如く仕事をしている人との差は歴然です。賢明な皆様はちゃんと学んで進化しているドクターの所で診療をお受け下さいね。

 昨日は子供達を連れてキッザニアに行ってきました。たまには母親らしいこともしないと・・・。今日からはまた医師の顔に戻って診療を頑張ります!!

あきこクリニックTEL03−5717−3444またはメールinfo@akiko-clinic.comまでご連絡お待ちしております。当院ホームページはhttp://www.akiko-clinic.comです。

ランキングに参加していますので
こちらをクリックして下さい★
    ↓↓↓↓↓↓
http://beauty.blogmura.com/  
posted by: akiko-clinic | セミナー・学会 | 07:15 | - | - |-
切らない鼻翼縮小術の直後の状態
 小鼻縮小の手術を多数行っており私自身がとても好きで得意な手術なので、ついつい切る手術をお勧めしてしまうのですが、「小鼻を小さくしたいけれどどうしても傷が残るのは嫌だ」という患者様もいらっしゃいます。そのような方には切らない鼻翼縮小の手術がお勧めです。まずは手術前のお写真です。
DSC02091.JPG
 患者様は20代の女性です。本当は鼻尖縮小術+小鼻縮小を行いたいところですが、ご本人様の「どうしても切りたくないし、あまり変わり過ぎるのも困る」というご希望で、まずは切らない鼻翼縮小術を行うことになりました。手術直後のお写真です。
DSC02095.JPG
 針穴のところに肌色の紙絆創膏が貼ってあります。適度な大きさになったと思います。手術前の下から見上げたお写真です。
DSC02092.JPG
 手術直後の下から見上げたお写真です。
DSC02096.JPG
 切らない鼻翼縮小術は、鼻翼の下に針穴をあけてそこから鼻翼の中央に向けて針を通してから糸を通し、鼻翼中央から下の針穴に糸を通して結びます。結ぶ強さによって寄せ具合を調整するのですが、手術直後はややオーバーコレクションにします。なぜオーバーコレクションにするかというと、術後1週間後までに多少の戻りが生じてなじむからです。

 切る小鼻縮小術の場合は、主に寄せる形にするか主に倒す形にするかその両方をミックスするかの調整が出来るのですが、切らない鼻翼縮小術の場合は寄せることしかできません。形の自由度は低くなってしまいますが、どうしても見えるところに傷が残るのは嫌だという患者様には良い方法だと思います。

 切らない鼻翼縮小の場合は寄せた状態で糸が結んであるので、笑った時などに少しツッパリ感があります。1週間くらいでかなり慣れてきます。腫れは少ないですが局所麻酔薬による腫れはありますので、3日程度はダウンタイムが取れる時になさった方がよろしいかと思います。

 当院では切らない鼻翼縮小術は19万4400円、切る小鼻縮小術は27万円で行っておりますが、いつものお約束通り(笑)「ブログを見た」と言って頂ければ10%オフにて施術いたします。また、この患者様のように患部のお写真を提供して頂ければ施術費用が半額になる半額モニター患者様も募集しております。

この施術に関する過去の症例記事がございます。左カテゴリーより選択の上ご覧下さい。

あきこクリニックTEL03−5717−3444またはメールinfo@akiko-clinic.comまでご連絡お待ちしております。当院ホームページはhttp://www.akiko-clinic.comです。

ランキングに参加していますので
こちらをクリックして下さい★
    ↓↓↓↓↓↓
http://beauty.blogmura.com/  
posted by: akiko-clinic | | 05:38 | - | - |-