Search
Calendar
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< June 2017 >>
ランキングに参加しています。クリックお願いします。
にほんブログ村 美容ブログへ
にほんブログ村
Recommend
New Entries
Recent Comment
Recent Trackback
Category
Archives
Profile
Links
mobile
qrcode
RSSATOM 無料ブログ作成サービス JUGEM
CRF(コンデンスリッチファット)豊胸1ヶ月後の経過
 本日は現在大人気のCRF(コンデンスリッチファット)豊胸の症例です。バストのお写真をお出しする時にはいつも同じことを書いておりますが、いきなりおっぱいのお写真をお出しすると「会社でブログを見ようとしたらいきなりおっぱいの写真がドーンと出てきて大変に気まずかった」などというお声を頂きますので、まず最初に文章を書きます。

 CRF(コンデンスリッチファット)豊胸は、お腹や太ももなどの皮下脂肪が沢山ついている部分から特殊なフィルターの付いている注射器を用いて脂肪を吸引し、遠心分離にかけます。そうすると血液と死んだ細胞・脂肪と脂肪幹細胞・フィルターの上にオイルという3層構造に分かれますので、血液と死んだ細胞・オイルを捨てて脂肪と脂肪幹細胞だけを抽出します。

 脂肪と脂肪幹細胞のみを脇の下から細い金属のカニューレを用いてバストに注入していきます。従来の取った脂肪をそのまま注入する脂肪注入と違い、移植した脂肪が生き残る率(生着率)が良くなり、しこりや石灰化などの合併症が起こりにくくなりました。生着率は、機械を購入するときは「バストで80%、顔なら90%生着します!!」と業者の方に言われたのですが、そんなに着くハズはなく、私の感触としてはバストでも顔でも50〜70%といったところだと思います。合併症に関しては、本当に起こりにくくなっていると思います。

 当院ではCRF(コンデンスリッチファット)豊胸は120万円、お顔のCRF注入は1部位35万円(+1部位ごとに+10万円)で施術を行っておりますが、いつものお約束通り(笑)「ブログを見た」と言って頂ければ10%オフにて施術いたします。また、この患者様のように患部のお写真を提供して頂ければ施術費用がお安くなるモニター患者様も募集しておりますが、CRF(コンデンスリッチファット)の手術に関しましてはモニター価格は半額ではございませんので、クリニックに直接お問い合わせ下さい。

 そろそろお写真をお出ししても大丈夫かと思います。まずは手術前のバストのお写真です。

 患者様は30代の女性です。授乳の際に右側ばかりあげていたら左右差が出てしまったので、なるべく左右差を合わせたいというご希望と、デコルテの部分にボリュームがなくなってしまったのでデコルテにボリュームを出したいというご希望です。右に220ml左に300mlのCRF(コンデンスリッチファット)を注入いたしました。手術後1週間後の抜糸直後のお写真です。

 少し内出血の色が出ています。手術後1ヶ月後のお写真です。

 かなり左右差が改善し、デコルテにも自然なボリュームが出たと思います。手術前の左斜めからのお写真です。

 術後1週間後の左斜めからのお写真です。

 術後1ヶ月後の左斜めからのお写真です。

 とても綺麗なバストになったと思います。吸引した部分の経過も見たいというお声がありますので、脂肪吸引した大腿後面のお写真もお見せします。手術前のお写真です。

 術後1週間後のお写真です。

 内出血が激しくて痛々しいですね。この内出血の色が引くのに2〜3週間かかります。術後1ヶ月後のお写真です。

 すっかり細くなり美しい太腿になりました。

この施術に関する過去の症例記事がございます。左カテゴリーより選択の上ご覧下さい。

あきこクリニックTEL03−5717−3444またはメールinfo@akiko-clinic.comまでご連絡お待ちしております。当院ホームページはhttp://www.akiko-clinic.comです。

ランキングに参加していますので
こちらをクリックして下さい★
    ↓↓↓↓↓↓
http://beauty.blogmura.com/

 
posted by: akiko-clinic | コンデンスリッチファット | 06:38 | - | - |-
M社の接待@デュバリー
 CRF(コンデンスリッチファット)の機械でお世話になっているメトラス社のOさんから「あきこ先生のブログのおかげでCRFの機械がたくさん売れたので、先生の行きつけのお店でご馳走させて下さい」と言って頂き、スタッフを連れて昨夜は池尻大橋のビストロ「デュバリーhttp://www.smile-dubarry.com/about.html」に行ってきました。

 お仕事を終えて池尻に向かう道すがら、うちのスタッフの一人がポツリと言いました。「Oさん一人で来るんですか?彼にとってみたらおいしい接待ですよね?だってこんな美女ばかりに男一人で囲まれて接待なんて・・・」←オイオイ、自分で自分たちのことを「美女ばかり」なんて言うな〜とツッコミを入れてしまいました(笑)。

 こちらのお店に来たら私達が必ずお願いするのは、前菜をサーモンのミキュイに変えて頂くことです。まずはじめの一皿はこちら。

 カリフラワーのムースデュバリー風。さっぱりとしていてこれからの期待感を高めてくれます。前菜はお約束のミキュイ。

 このサーモンの火の通し方が絶妙で、こちらに来たら必ず食べたい一品です。おかげで他の前菜にどんなものがあるのか全く知りません(笑)。つぎはフォアグラ。

 フォアグラと春筍のポワレです。ソースが濃厚で美味しかった♪メインは私は牛フィレにしました。

 旬のお野菜のフリットも美味しい。デザートはバナナのデザートと塩キャラメルのジェラート。

 このあとフォンダンショコラも出てきましたが写真撮り忘れました。飲み物は最初のシャンパンはまだ遠慮がありお安めのものをチョイスしましたが、白ワインは「高いの飲んでもいいですか?」とお聞きしたら「どうぞお好きなものを!!」と言って頂いたので大好きなムルソーを飲んでしまいました。赤ワインはジュブレーシャンベルタン♪最後にシャルトリューズまで頂いてほろ酔い(?)でお開きとなりました。最後にOさんとパチリ。
 ご馳走様でした。これでまた激務に耐えられそうです。ますますCRF(コンデンスリッチファット)が世の中に広まるように、ブログでの症例報告も沢山しますね。

あきこクリニックTEL03−5717−3444またはメールinfo@akiko-clinic.comまでご連絡お待ちしております。当院ホームページはhttp://www.akiko-clinic.comです。

ランキングに参加していますので
こちらをクリックして下さい★
    ↓↓↓↓↓↓
http://beauty.blogmura.com/

posted by: akiko-clinic | コンデンスリッチファット | 06:17 | - | - |-
CRF(コンデンスリッチファット)豊胸の3ヶ月後経過
 当院では最近は豊胸手術を希望する方のほとんどがCRF(コンデンスリッチファット)豊胸を選ばれるようになり、シリコンバッグによる豊胸やヒアルロン酸注入による豊胸は減少傾向にあります。本日お見せする患者様も、CRF(コンデンスリッチファット)豊胸の患者様ですが、バストのお写真をお出しする時はいつも書いているように、いきなりお胸の写真を出してしまいますと「会社でブログを見たらいきなりおっぱいがドーンと出てきて大変に気まずかった・・・」などというお声を頂きますので、まず最初に解説を書きます。

 CRF(コンデンスリッチファット)豊胸は、特殊なフィルターのついたシリンジ(注射器)を用いて脂肪を吸引し、そのシリンジを遠心分離機にかけます。そうすると一番下に血液と死んだ細胞・真ん中に脂肪と脂肪幹細胞・フィルターの上にオイルという風に3層構造に分かれるので、血液と死んだ細胞・オイルを捨てて脂肪と脂肪幹細胞のみを抽出してバストに注入していきます。

 このような過程を経ることで、従来の脂肪注入と比べて脂肪の生き残る率(生着率といいます)が良くなり、しこりや石灰化などの合併症が減りました。当初は業者の方より生着率が80%程度あると言われて機械を購入しましたが、実際に手術を行ってみると生着率は50〜70%の間で個人差があるという感じです。

 でも、バッグ豊胸と違い形が自由に作れる自由度が高いのと、触り心地の自然さが人気の秘密なのではないかと思います。私は今のところはまだ豊胸の必要はありませんが、ダイエットによりかなりバストが小さくなってしまったので、ゆくゆくは必要になることもあるかもしれません。もしも自分が豊胸手術を受けるのであればやはりCRF(コンデンスリッチファット)豊胸を選ぶと思います。

 当院ではCRF(コンデンスリッチファット)豊胸は120万円で施術を行っておりますが、いつものお約束通り(笑)「ブログを見た」と言って頂ければ10%オフにて施術いたします。また、この患者様のように患部のお写真を提供して頂く事で施術費用がお安くなるモニター患者様も募集しておりますが、CRF(コンデンスリッチファット)に関しましてはモニター価格は半額ではございませんのでクリニックに直接お問合わせ下さい。

 それではそろそろお写真を出しても大丈夫かなと思います。まずは手術前のお写真です。

 患者様は20代の女性です。右胸(この写真ですと向かって左側)にろうと胸があるため、かなり左右差があります。右に300ml、左に250mlのCRF(コンデンスリッチファット)を注入いたしました。術後1週間後のお写真です。

 まだ腫れている感じのお胸です。術後1ヶ月後のお写真です。

 腫れが引き、自然な感じのお胸になりました。左右差もかなり解消できたと思います。術後3ヶ月後のお写真です。

 1ヶ月後と比べてほとんどボリュームが変わっておりません。非常に良い生着率だと思います。手術前の左斜めからのお写真です。

 術後1週間後の左斜めからのお写真です。

 術後1ヶ月後の左斜めからのお写真です。

 きれいなお胸になりました。術後3ヶ月後の左斜めからのお写真です。

 斜めから見たお写真でも1ヶ月後とほぼボリュームが変わっておりません。手術前の脂肪吸引部分のお写真です。

 術後1週間後の脂肪吸引部分のお写真です。

 内出血がひどいです。この内出血は2〜3週間で自然に引きます。術後1ヶ月後の脂肪吸引部分のお写真です。

 術後3ヶ月後の脂肪吸引部分のお写真です。

 傷跡の赤みが強いので、無料でアフターケアとしてこの部分へのジェネシスの照射を行っております。

 本日は日曜日でクリニックは休診日です。昭和記念公園で花見の予定でしたが、天気が・・・(涙)。お友達ファミリーと「サンリオピューロランド」に行くことになりそうです。

この施術に関する過去の症例記事がございます。左カテゴリーより選択の上ご覧下さい。

あきこクリニックTEL03−5717−3444またはメールinfo@akiko-clinic.comまでご連絡お待ちしております。当院ホームページはhttp://www.akiko-clinic.comです。

ランキングに参加していますので
こちらをクリックして下さい★
    ↓↓↓↓↓↓
http://beauty.blogmura.com/

 
posted by: akiko-clinic | コンデンスリッチファット | 05:50 | - | - |-
CRF(コンデンスリッチファット)豊胸の1ヶ月後経過
 当院では最近は豊胸手術を希望する方のほとんどがCRF(コンデンスリッチファット)豊胸を選ばれるようになり、シリコンバッグによる豊胸やヒアルロン酸注入による豊胸は減少傾向にあります。本日お見せする患者様も、CRF(コンデンスリッチファット)豊胸の患者様ですが、バストのお写真をお出しする時はいつも書いているように、いきなりお胸の写真を出してしまいますと「会社でブログを見たらいきなりおっぱいがドーンと出てきて大変に気まずかった・・・」などというお声を頂きますので、まず最初に解説を書きます。

 CRF(コンデンスリッチファット)豊胸は、特殊なフィルターのついたシリンジ(注射器)を用いて脂肪を吸引し、そのシリンジを遠心分離機にかけます。そうすると一番下に血液と死んだ細胞・真ん中に脂肪と脂肪幹細胞・フィルターの上にオイルという風に3層構造に分かれるので、血液と死んだ細胞・オイルを捨てて脂肪と脂肪幹細胞のみを抽出してバストに注入していきます。

 このような過程を経ることで、従来の脂肪注入と比べて脂肪の生き残る率(生着率といいます)が良くなり、しこりや石灰化などの合併症が減りました。当初は業者の方より生着率が80%程度あると言われて機械を購入しましたが、実際に手術を行ってみると生着率は50〜70%の間で個人差があるという感じです。

 でも、バッグ豊胸と違い形が自由に作れる自由度が高いのと、触り心地の自然さが人気の秘密なのではないかと思います。私は今のところはまだ豊胸の必要はありませんが、ダイエットによりかなりバストが小さくなってしまったので、ゆくゆくは必要になることもあるかもしれません。もしも自分が豊胸手術を受けるのであればやはりCRF(コンデンスリッチファット)豊胸を選ぶと思います。

 当院ではCRF(コンデンスリッチファット)豊胸は120万円で施術を行っておりますが、いつものお約束通り(笑)「ブログを見た」と言って頂ければ10%オフにて施術いたします。また、この患者様のように患部のお写真を提供して頂く事で施術費用がお安くなるモニター患者様も募集しておりますが、CRF(コンデンスリッチファット)に関しましてはモニター価格は半額ではございませんのでクリニックに直接お問合わせ下さい。

 それではそろそろお写真を出しても大丈夫かなと思います。まずは手術前のお写真です。

 患者様は20代の女性です。右胸(この写真ですと向かって左側)にろうと胸があるため、かなり左右差があります。右に300ml、左に250mlのCRF(コンデンスリッチファット)を注入いたしました。術後1週間後のお写真です。

 まだ腫れている感じのお胸です。術後1ヶ月後のお写真です。

 腫れが引き、自然な感じのお胸になりました。左右差もかなり解消できたと思います。このまま生着してくれると良いなと思います。手術前の左斜めからのお写真です。

 術後1週間後の左斜めからのお写真です。

 術後1ヶ月後の左斜めからのお写真です。

 きれいなお胸になりました。手術前の脂肪吸引部分のお写真です。

 術後1週間後の脂肪吸引部分のお写真です。

 内出血がひどいです。この内出血は2〜3週間で自然に引きます。術後1ヶ月後の脂肪吸引部分のお写真です。

 傷跡の赤みが強いので、無料でアフターケアとしてこの部分へのジェネシスの照射を行っております。

この施術に関する過去の症例記事がございます。左カテゴリーより選択の上ご覧下さい。

あきこクリニックTEL03−5717−3444またはメールinfo@akiko-clinic.comまでご連絡お待ちしております。当院ホームページはhttp://www.akiko-clinic.comです。

ランキングに参加していますので
こちらをクリックして下さい★
    ↓↓↓↓↓↓
http://beauty.blogmura.com/

 
posted by: akiko-clinic | コンデンスリッチファット | 07:34 | - | - |-
CRF(コンデンスリッチファット)豊胸の6ヶ月後経過
 以前に1ヶ月後の経過までお見せしたCRF(コンデンスリッチファット)豊胸のモニター患者様の6ヶ月後経過をお見せします。いつもならばすぐに症例写真をお出しするのですが、毎度毎度同じことを書いておりますが、バストのお写真を掲載する時はいきなりお写真を載せてしまうと「会社でブログを見ようとしたらいきなりおっぱいがドーンと出てきて気まずかった・・・」などのお声を頂きますので、先に解説を書きます。

 CRF(コンデンスリッチファット)豊胸は、特殊なフィルターの付いた注射器を用いて脂肪を吸引し、その注射器を遠心分離にかけます。そうすると一番下の層に血液と死んだ細胞・真ん中に脂肪と脂肪幹細胞・フィルターの上にオイルという風に3層構造に分離します。このうち血液と死んだ細胞とオイルを捨てて、脂肪と脂肪幹細胞のみをバストに注入します。

 注入する際には大胸筋下と乳腺下と皮下に分散して脂肪を注入します。従来の脂肪を吸引してきてすぐに注入する方法と異なり、しこりや石灰化などの合併症の頻度が非常に低くなり、脂肪が胸に定着する率(生着率といいます)も50〜70%と格段に良くなりました。

 当院ではドルミカムなどの静脈麻酔を使用して手術を行いますので、手術中の痛みは心配ありません。術後は3日〜1週間は脂肪を吸引した部分と脂肪を注入したお胸の部分に痛みがありますが、痛み止めの飲み薬と座薬で抑えられる程度の痛みです。

 脂肪を吸引した部分は最初は腫れと内出血が出ますが、2〜3週間で自然に引いていきます。腫れと内出血が引いた後は少し硬さが出ますが、数ヶ月で自然に元の柔らかい状態に戻ります。傷は例えば太腿前面から脂肪を吸引する場合は鼠径部のショーツに隠れるところを5ミリ強切開し、お胸への注入は脇の下のシワに沿って5ミリ程度切開します。この傷は抜糸直後は赤味がありますが、3〜6ヶ月で自然に引いて白い目立たない傷となります。

 当院では、CRF(コンデンスリッチファット)豊胸は120万円で施術を行いますが、いつものお約束通り(笑)「ブログを見た」と言って頂ければ10%オフの108万円で施術を行います。また、この患者様のように患部のお写真を提供して頂くことで施術費用がお安くなるモニター患者様も募集しておりますが、CRF(コンデンスリッチファット)豊胸に関してはモニター価格は半額ではありませんので、クリニックに直接お問い合わせ下さい。それではそろそろお写真を出しても大丈夫かと思います。まずは手術前のお写真です。

 患者様は20代の女性です。2カップサイズアップご希望ということで、右側に220ml、左側に232mlのCRF(コンデンスリッチファット)を注入いたしました。術後1ヶ月後のお写真です。

 2カップ近くは大きくなったと思います。また、脂肪幹細胞を注入することによって肌の質感が飛躍的に向上していると思います。6ヶ月後のお写真です。

 1ヶ月後と比べると小さくなってしまいましたが、1.5カップ位は大きくなっているかと思います。また、肌の質感も良い状態をキープしていると思います。手術前の左斜めからのお写真です。

 術後1ヶ月後の左斜めからのお写真です。

 術後6ヶ月後の左斜めからのお写真です。

 非常にきれいなお胸になりました。

この施術に関する過去の症例記事がございます。左カテゴリーより選択の上ご覧下さい。

あきこクリニックTEL03−5717−3444またはメールinfo@akiko-clinic.comまでご連絡お待ちしております。当院ホームページはhttp://www.akiko-clinic.comです。

ランキングに参加していますので
こちらをクリックして下さい★
    ↓↓↓↓↓↓
http://beauty.blogmura.com/

 
posted by: akiko-clinic | コンデンスリッチファット | 07:22 | - | - |-
CRF(コンデンスリッチファット)豊胸の1ヶ月後経過
 以前に1週間後の経過までお見せしたCRF(コンデンスリッチファット)豊胸のモニター患者様が1ヶ月後検診にお見えになりましたので経過をお見せいたします。

 豊胸の方法は、当院では1.ヒアルロン酸注入2.CRF(コンデンスリッチファット)豊胸3.コヒーシブシリコンバッグによる豊胸と3種類の方法を行っております。以前はダントツで1.のヒアルロン酸注入が一番人気だったのですが、今はダントツでCRF(コンデンスリッチファット)豊胸の人気が高いです。

 いつもお胸のお写真をお出しする時には同じことを書いておりますが、いきなりお胸のお写真を出してしまうと「会社でブログを見たらいきなりおっぱいがドーンと出てきて焦った」などのお声を頂きますので、まず先に解説から書きます。

 CRF(コンデンスリッチファット)豊胸は、特殊なフィルターのついたシリンジ(注射器)を用いて脂肪を吸引し、その注射器を遠心分離にかけます。そうすると血液と死んだ細胞・脂肪と脂肪幹細胞・オイルの3層に分かれるので、血液と死んだ細胞・オイルを捨てて脂肪と脂肪幹細胞だけを抽出してバストに注入します。

 従来の脂肪注入と比べて、非常に生着率が高くなったこととしこりや石灰化などの合併症の頻度が低くなったことが特徴です。正しいCRF(コンデンスリッチファット)の方法で手術を行っているクリニックにはHPに「CRF協会認定クリニック」というバナーが付いています。

 CRFと謳っているにもかかわらずこのマークがついていないクリニックは、本来の正しい方法で行っていない可能性があります。例えば、特殊なフィルターのついているシリンジは1回の手術で結構な本数を使い捨てで使用しなければならないのですが、このシリンジがとても高価なため、再滅菌をかけて使用しているクリニックがあるそうで、それは感染症の危険があり非常にまずいと思います。

 CRF(コンデンスリッチファット)豊胸をお考えの皆様は、きちんとCRF協会認定クリニックかどうかを確かめてからクリニック選びをされた方がよろしいかと思います。当院はもちろん認定クリニックです。当院ではCRF(コンデンスリッチファット)豊胸は120万円で施術を行っておりますが、いつものお約束通り(笑)「ブログを見た」と言って頂ければ10%オフの108万円で施術いたします。このお費用には麻酔代・再診費用は全て含まれております。これ以外にかかるのは、血液検査代1万円のみです。また、患部のお写真を提供して頂ければ手術費用がお安くなるモニター患者様も募集しておりますが、CRF(コンデンスリッチファット)に関してはモニター価格は半額ではございませんので、モニター価格はクリニックまでお問い合わせ下さい。

 それではそろそろお写真を出しても大丈夫かと思います。まずは手術前のお写真です。

 患者様は40代の女性です。デコルテが淋しくなってきたのが気になるということで、デコルテ部分に多めに右側には230ml、左側には270mlのCRF(コンデンスリッチファット)を注入いたしました。術後1週間後のお写真です。

  まだ腫れている感じです。術後1ヶ月後のお写真です。

 腫れが引いて自然なハリのある美しいバストになったと思います。手術前の左斜めからのお写真です。

 術後1週間後の左斜めからのお写真です。

 術後1ヶ月後の左斜めからのお写真です。

 自然なデコルテのボリュームが出ました。脂肪を吸引した部分は大腿です。術後1ヶ月後の大腿の写真です。

 まだ傷の赤味が強い状態です。この赤みは3〜6ヶ月で自然に引いていきます。

この施術に関する過去の症例記事がございます。左カテゴリーより選択の上ご覧下さい。

 あきこクリニックTEL03−5717−3444またはメールinfo@akiko-clinic.comまでご連絡お待ちしております。当院ホームページはhttp://www.akiko-clinic.comです。

ランキングに参加していますので
こちらをクリックして下さい★
    ↓↓↓↓↓↓
http://beauty.blogmura.com/

 
posted by: akiko-clinic | コンデンスリッチファット | 06:45 | - | - |-
CRF(コンデンスリッチファット)額の1ヶ月後経過
 以前に抜糸直後までの経過をお見せしたCRF(コンデンスリッチファット)額のモニター患者様が1ヶ月後検診にいらっしゃいましたので経過をお見せします。まずは手術前のお写真です。

  患者様は20代の女性です。キム・テヒさんのような額が理想ということで、マイクロにしないCRF(コンデンスリッチファット)をこめかみに3ml、額に19.5ml注入いたしました。術後8日後の抜糸時のお写真です。

 まだ針穴がかさぶたになっていますが、額には内出血もほとんど出ず非常に張りと丸みがあるきれいなおでこになりました。術後1ヶ月後のお写真です。

 針穴がだいぶ目立たなくなってきました。手術前の横顔写真です。

 ほぼフラットな感じの額です。術後8日後の横顔写真です。

 きれいな丸みのある額となりました。術後1ヶ月後の横顔です。

 少しボリュームが落ち着いてきました。このまま生着してくれると良いなと思います。

 CRF(コンデンスリッチファット)は、特殊なシリンジ(注射器)を用いて脂肪を吸引し、その注射器を遠心分離にかけます。すると、血液と死んだ細胞・脂肪と脂肪幹細胞・オイルという風に3層構造に分かれるので、血液と死んだ細胞・オイルを捨てて脂肪と脂肪幹細胞のみを抽出して必要な部分に注入をしていきます。目の周りなどの細かい部分に注入する場合は、CRFをさらに細かくしてもう一度遠心分離にかけてマイクロCRFにしてから注入を行います。

 従来の脂肪注入と比べて、脂肪の生着率が格段に良くなり、しこりや石灰化などの合併症が減りました。当院ではお顔のCRF(コンデンスリッチファット)はマイクロにするしないにかかわらず1部位35万円、1部位追加になるごとに+10万円、CRF豊胸は120万円で施術を行っておりますが、いつものお約束通り(笑)「ブログを見た」と言って頂ければ10%オフにて施術いたします。また、この患者様のように患部のお写真を提供して頂ければ施術費用がお安くなるモニター患者様も募集しておりますが、CRFに関してはモニター価格は半額ではありませんので、クリニックに直接お問い合わせ下さい。

この施術に関する過去の症例記事がございます。左カテゴリーより選択の上ご覧下さい。

あきこクリニックTEL03−5717−3444またはメールinfo@akiko-clinic.comまでご連絡お待ちしております。当院ホームページはhttp://www.akiko-clinic.comです。

ランキングに参加していますので
こちらをクリックして下さい★
    ↓↓↓↓↓↓
http://beauty.blogmura.com/

 
posted by: akiko-clinic | コンデンスリッチファット | 07:53 | - | - |-
CRF(コンデンスリッチファット)豊胸の1週間後までの経過
 豊胸の方法は、当院では1.ヒアルロン酸注入2.CRF(コンデンスリッチファット)豊胸3.コヒーシブシリコンバッグによる豊胸と3種類の方法を行っております。以前はダントツで1.のヒアルロン酸注入が一番人気だったのですが、今はダントツでCRF(コンデンスリッチファット)豊胸の人気が高いです。

 本日お見せする患者様もCRF(コンデンスリッチファット)豊胸の患者様なのですが、いつもお胸のお写真をお出しする時には同じことを書いておりますが、いきなりお胸のお写真を出してしまうと「会社でブログを見たらいきなりおっぱいがドーンと出てきて焦った」などのお声を頂きますので、まず先に解説から書きます。

 CRF(コンデンスリッチファット)豊胸は、特殊なフィルターのついたシリンジ(注射器)を用いて脂肪を吸引し、その注射器を遠心分離にかけます。そうすると血液と死んだ細胞・脂肪と脂肪幹細胞・オイルの3層に分かれるので、血液と死んだ細胞・オイルを捨てて脂肪と脂肪幹細胞だけを抽出してバストに注入します。

 従来の脂肪注入と比べて、非常に生着率が高くなったこととしこりや石灰化などの合併症の頻度が低くなったことが特徴です。正しいCRF(コンデンスリッチファット)の方法で手術を行っているクリニックにはHPに「CRF協会認定クリニック」というバナーが付いています。

 CRFと謳っているにもかかわらずこのマークがついていないクリニックは、本来の正しい方法で行っていない可能性があります。例えば、特殊なフィルターのついているシリンジは1回の手術で結構な本数を使い捨てで使用しなければならないのですが、このシリンジがとても高価なため、再滅菌をかけて使用しているクリニックがあるそうで、それは感染症の危険があり非常にまずいと思います。

 CRF(コンデンスリッチファット)豊胸をお考えの皆様は、きちんとCRF協会認定クリニックかどうかを確かめてからクリニック選びをされた方がよろしいかと思います。当院はもちろん認定クリニックです。当院ではCRF(コンデンスリッチファット)豊胸は120万円で施術を行っておりますが、いつものお約束通り(笑)「ブログを見た」と言って頂ければ10%オフの108万円で施術いたします。このお費用には麻酔代・再診費用は全て含まれております。これ以外にかかるのは、血液検査代1万円のみです。また、患部のお写真を提供して頂ければ手術費用がお安くなるモニター患者様も募集しておりますが、CRF(コンデンスリッチファット)に関してはモニター価格は半額ではございませんので、モニター価格はクリニックまでお問い合わせ下さい。

 それではそろそろお写真を出しても大丈夫かと思います。まずは手術前のお写真です。

 患者様は40代の女性です。デコルテが淋しくなってきたのが気になるということで、デコルテ部分に多めに右側には230ml、左側には270mlのCRF(コンデンスリッチファット)を注入いたしました。術後1週間後のお写真です。

  まだ腫れている感じですが、ハリのある非常に美しいバストになったと思います。手術前の左斜めからのお写真です。

 術後1週間後の左斜めからのお写真です。

 腫れが引いてからどの位生着してくれるのか楽しみです。

この施術に関する過去の症例記事がございます。左カテゴリーより選択の上ご覧下さい。

 あきこクリニックTEL03−5717−3444またはメールinfo@akiko-clinic.comまでご連絡お待ちしております。当院ホームページはhttp://www.akiko-clinic.comです。

ランキングに参加していますので
こちらをクリックして下さい★
    ↓↓↓↓↓↓
http://beauty.blogmura.com/

posted by: akiko-clinic | コンデンスリッチファット | 08:00 | - | - |-
CRF(コンデンスリッチファット)リップの1ヶ月後経過
 昨日のLIPOSONIXのワークショップは無事に終了し、本年最後の講師業終了です。開院当初はセミナーやワークショップは自分が勉強しに行くばかりだったので、今年は学会やセミナーなどいろいろな場所で講師を務めさせて頂いたなあとちょっと感慨深くなりました。

 ポッテリ唇の人気は根強く、唇の厚みがコンプレックスだった私にとってはこの流行はありがたいことです。唇を厚くする方法としてはヒアルロン酸注入と脂肪注入がありますが、ヒアルロン酸は唇に注入した場合はあっという間に吸収されてしまいますので、ずっとボリュームをキープしたい方にはCRF(コンデンスリッチファット)がお勧めです。まずは手術前のお写真です。

 患者様は30代の女性です。ヒアルロン酸注入のご経験アリで、もっとボリュームを出してずっとキープしたいということでCRF(コンデンスリッチファット)をご希望になられました。マイクロにしないCRF(コンデンスリッチファット)を上下で4ml注入いたしました。術後1ヶ月後のお写真です。

 形もボリュームも上下の厚みのバランスもとても良いと思います。上唇のヘリをしっかりと作ると、口角が上がったように見えますね。

 CRF(コンデンスリッチファット)は、特殊な注射器を用いて脂肪を吸引し、遠心分離にかけて血液と死んだ細胞・脂肪と脂肪幹細胞・オイルの3層構造に分けて、脂肪と脂肪幹細胞のみを抽出して注入する方法です。従来の脂肪注入と比べて脂肪の生き残る確率(生着率と言います)が格段に良くなり、しこりや石灰化などの合併症が減っているのが特徴です。

 注入した脂肪は術後3ヶ月後までは減っていきますが、3ヶ月経って残っている脂肪はそのままずっと残ります。唇へのヒアルロン酸注入は痛い上に減りが早いので、ずっとボリュームをキープしたい方にはCRF(コンデンスリッチファット)がお勧めです。

 当院では静脈麻酔を使用して手術を行いますので、手術中の痛みはありません。CRF(コンデンスリッチファット)のお顔への注入は、マイクロにするしないにかかわらず1部位35万円、+1部位ごとに+10万円で行っておりますが、いつものお約束通り(笑)「ブログを見た」と言って頂ければ10%オフにて施術いたします。また、この患者様のように患部のお写真を提供して頂ければ施術費用がお安くなるモニター患者様も募集しておりますが、CRF(コンデンスリッチファット)についてはモニター価格は半額ではありませんので、クリニックに直接お問い合わせ下さい。

 本日は月曜日でクリニックは休診日です。私は久し振りにジムに行って汗を流そうと思っています。その後は大好きでファンクラブに入っているミュージカル俳優山口祐一郎様のファンクラブのイベントに行ってきます♪その様子はまた明日のブログにてご報告致します。

この施術に関する過去の症例記事がございます。左カテゴリーより選択の上ご覧下さい。

あきこクリニックTEL03−5717−3444またはメールinfo@akiko-clinic.comまでご連絡お待ちしております。当院ホームページはhttp://www.akiko-clinic.comです。

ランキングに参加していますので
こちらをクリックして下さい★
    ↓↓↓↓↓↓
http://beauty.blogmura.com/

 
posted by: akiko-clinic | コンデンスリッチファット | 07:01 | - | - |-
CRF(コンデンスリッチファット)額のモニター症例
 何故かお顔のCRF(コンデンスリッチファット)の中では当院ではダントツで額への注入が多いです。最初に「額に注入したい」という方がいらっしゃった時は「なぜ額に?額に入れてお顔って変わるの?」と思いましたが、実際に注入をしてみると女性らしい丸みのある額はとても魅力的です。まずは手術前のお写真です。

  患者様は20代の女性です。キム・テヒさんのような額が理想ということで、マイクロにしないCRF(コンデンスリッチファット)をこめかみに3ml、額に19.5ml注入いたしました。術後8日後の抜糸時のお写真です。

 まだ針穴がかさぶたになっていますが、額には内出血もほとんど出ず非常に張りと丸みがあるきれいなおでこになりました。手術前の横顔写真です。

 ほぼフラットな感じの額です。術後8日後の横顔写真です。

 きれいな丸みのある額となりました。このまま生着してくれると良いなと思います。

 CRF(コンデンスリッチファット)は、特殊なシリンジ(注射器)を用いて脂肪を吸引し、その注射器を遠心分離にかけます。すると、血液と死んだ細胞・脂肪と脂肪幹細胞・オイルという風に3層構造に分かれるので、血液と死んだ細胞・オイルを捨てて脂肪と脂肪幹細胞のみを抽出して必要な部分に注入をしていきます。目の周りなどの細かい部分に注入する場合は、CRFをさらに細かくしてもう一度遠心分離にかけてマイクロCRFにしてから注入を行います。

 従来の脂肪注入と比べて、脂肪の生着率が格段に良くなり、しこりや石灰化などの合併症が減りました。当院ではお顔のCRF(コンデンスリッチファット)はマイクロにするしないにかかわらず1部位35万円、1部位追加になるごとに+10万円、CRF豊胸は120万円で施術を行っておりますが、いつものお約束通り(笑)「ブログを見た」と言って頂ければ10%オフにて施術いたします。また、この患者様のように患部のお写真を提供して頂ければ施術費用がお安くなるモニター患者様も募集しておりますが、CRFに関してはモニター価格は半額ではありませんので、クリニックに直接お問い合わせ下さい。

この施術に関する過去の症例記事がございます。左カテゴリーより選択の上ご覧下さい。

あきこクリニックTEL03−5717−3444またはメールinfo@akiko-clinic.comまでご連絡お待ちしております。当院ホームページはhttp://www.akiko-clinic.comです。

ランキングに参加していますので
こちらをクリックして下さい★
    ↓↓↓↓↓↓
http://beauty.blogmura.com/

posted by: akiko-clinic | コンデンスリッチファット | 06:40 | - | - |-