Search
Calendar
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< June 2017 >>
ランキングに参加しています。クリックお願いします。
にほんブログ村 美容ブログへ
にほんブログ村
Recommend
New Entries
Recent Comment
Recent Trackback
Category
Archives
Profile
Links
mobile
qrcode
RSSATOM 無料ブログ作成サービス JUGEM
映画「追憶」を観てきました

 先週の土曜日の診療終了後に、藤田先生と二人で映画「追憶」を二子玉川の映画館で観てきました。

iPhoneImage.png

 私の大好きな岡田准一さん主演で、非常に良かったのでご紹介します。例によってあらすじから・・・

 

 四方篤(岡田准一)は富山県警捜査一課の刑事。妻の美那子(長澤まさみ)とは流産をきっかけにすっかり夫婦の仲は冷めきっており、母の清美からは金の無心をされていて、私生活はとても順調とは言い難い生活をしている。篤は25年前に男と暮すために出て行った母に捨てられ、同じような境遇の田所啓太(小栗旬)と川端悟(柄本佑)とともに仁科涼子(安藤サクラ)の経営する軽食喫茶「ゆきわりそう」で暮らしたことがある。4人と店の常連で涼子を慕う山形光男(吉岡秀隆)の幸せな生活は、涼子のかつての男貴船(渋川清彦)が現れたことでずたずたに引き裂かれる。篤は涼子との幸せな時間を取り戻すため貴船を殺すことを決め、金属バットを手に取るが、逆に木船に殺されそうになり、涼子は木船を刺し殺してしまう。涼子は子供達に「あとのことは私に任せなさい。あなた達は何も知らないし今日からは二度と会わない。」と言って山形に子供達を委ねる。

 ある日ラーメン屋で篤は偶然悟と再会し、夜遅くまで酒を酌み交わす。悟は東京でガラス店を経営しているが商売は上手くいっておらず、啓太に金を借りに行くと言う。悟は今までに何度か啓太に金を貸してもらって助けてもらってきたと言っていたが、翌日遺体となって発見される。篤は悟と知り合いだということを隠したまま捜査を続け、25年ぶりに啓太と会うことになる。啓太は「悟とは会っていない」と嘘をつき、捜査に協力的ではない。果たして悟を殺したのは啓太なのか?啓太が守ろうとしたものは何なのか?・・・結末が気になる方はどうぞ映画館へ足をお運び下さい(笑)。

 

 映画を観ている途中から、涙腺の弱い私はずっとハンカチを握りしめていました。結末は大変意外なものでありましたが、感動作でした。大好きな岡田准一さんの演技はもちろんのこと、安藤サクラさんが素晴らし過ぎました‼そして安藤サクラさんと柄本佑さんは実生活ではご夫婦で、夫婦共演作だったのですね。とにかく皆様に観て頂きたい良い作品でした。ここ数年は本当に日本の映画が熱いですね。予告編を見ていて、また見たい作品が出来てしまいました。こうして無限ループに・・・。

 

あきこクリニックTEL03−5717−3444またはメールinfo@akiko-clinic.comまでご連絡お待ちしております。当院ホームページはhttp://www.akiko-clinic.comです。

ランキングに参加していますので
こちらをクリックして下さい★
    ↓↓↓↓↓↓
http://beauty.blogmura.com/  

posted by: akiko-clinic | 読書・映画 | 10:07 | - | - |-
機内で号泣「湯を沸かすほどの愛」

 先日のハワイ解剖ツアーの帰りの飛行機で、映画を3本見ました。その3本とは、「ブリジットジョーンズの日記・・・ダメな私の最後のモテ期」と「真田十勇士」と「湯を沸かすほどの愛」http://atsui-ai.com/です。3本ともとても良かったです。ブリジットジョーンズは見ながら思わず吹き出してしまうようなコメディで、真田十勇士は本当は映画館で観たかったけれど時間が合わなくて見逃してしまっていたので見られてとても嬉しかったですし、感動で涙も流しました。ですが、何といっても「湯を沸かすほどの愛」は抜群の良さで、機内で号泣してしまい羽田に着いた時にはほぼすっぴん状態になってしまったほどでした(笑)。映画館で上映されている時には私のアンテナには全く引っかかってこなかっただけに、4月にDVDが発売されたら是非皆様にご覧頂きたい‼と思いご紹介します。例によってあらすじから・・・

 

 幸野双葉(宮沢りえ)は、1年前に夫一浩(オダギリジョー)に突然失踪されてしまい、一人でアルバイトをしながら娘安澄(杉咲花)を育てている。そんなある日双葉は病院で余命2ヶ月を宣告されてしまう。普通ならばただ落ち込んでしまう状況だが、双葉は持ち前のエネルギーで死ぬ前にやるべきことを3つ決めてそれに取り掛かる。まずは失踪していた夫を探し出して家に連れ戻し、休業中だった銭湯を再開し、自立できない娘を自立させることにも成功する。ヒッチハイクをしていたモラトリアムの青年拓海(松坂桃李)にも目標を与え、みんなを元気付けやる気にさせていく双葉だったが、ついに病気のために入院生活を送ることになる。どんどん病に蝕まれていき、最後は双葉らしく家族に見送られることになるが、そこにはある秘密が・・・その秘密を知りたい方はどうぞDVDをご覧下さい(笑)。

 

 とにかく双葉役の宮沢りえさんの演技が素晴らしかったです。私は感情移入しすぎて涙が止まらず、ANAの方にはきっと「変なお客様」と思われたのではないかと思います。そして脇役で出ていた松坂桃李さん!!私は松坂桃李さんが侍戦隊シンケンジャーのシンケンレッドの頃からのファンなので、この映画と真田十勇士に出ている松坂桃李さんをいっぺんに見ることができて幸せでした。いわば盆と暮れがいっぺんに来た感じ?(笑)。真田十勇士のクールな松坂さんも、この映画のちょいダメな感じの松坂さんもどっちも好きです‼でも私にとっての松坂さんの一番の当たり役はやっぱりシンケンレッドです。

 

 話がそれてしまいましたが、とにかくこの映画は素晴らしかったので、4月にレンタル開始になったら是非皆様に観て頂きたい作品です。人は生きているだけで幸せって思えると思います。生きることが出来るのに、生きようとしない人はもったいないと思います。もっと生きていられることに幸せを感じましょう!!

 

あきこクリニックTEL03−5717−3444またはメールinfo@akiko-clinic.comまでご連絡お待ちしております。当院ホームページはhttp://www.akiko-clinic.comです。

ランキングに参加していますので
こちらをクリックして下さい★
    ↓↓↓↓↓↓
http://beauty.blogmura.com/  

posted by: akiko-clinic | 読書・映画 | 07:54 | - | - |-
映画「この世界の片隅に」を観てきました

 先日映画「本能寺ホテル」を観てきましたという記事を書いたばかりなのに、また映画かよ〜と言われてしまいそうですが、映画「この世界の片隅に」http://konosekai.jp/を観てきました。

iPhoneImage.png

 実は月曜日に「本能寺ホテル」を観に行った時に予告編が流れていて、「この映画もとっても良さそう」と思い、火曜日の息子の小学校の講演会が午前中で終わったので、午後から一人で観に行きました。まずは恒例のあらすじから・・・

 

 広島市内の江波に生まれた浦野すず(のん)は絵を描くのがとても大好きで、兄要一と妹すみと両親とともにのんびりと過ごしていた。ボーっとしていると言われ続けてきたすずも、昭和19年に18歳となり、突如縁談の話が持ち上がる。江波から20キロ離れている軍港の町呉に住む海軍勤務の文官北條周作が縁談の相手で、すずにとっては知らない人だったが、周囲に勧められるままに祝言を上げて北條家へと嫁ぐことになる。北條家には脚の悪い周作の母・サンと海軍の工場に勤める周作の父・円太郎がおり、夫を亡くした周作の姉・径子が娘の晴美とともに出入りしていた。径子は何かとすずに対してつらく当たっていたが、あることをきっかけに更にすずに対してきつく当たるようになる。夫の周作はすずに対して優しかったが、北條家の中で自分の居場所を見つけられなくなったすずは故郷の広島へと帰ろうとする。すずが江波に帰ろうとした8月6日の朝、広島に新型爆弾が投下されたのだった。すずの家族は?これからすずは自分の居場所を見つけることが出来るのか?・・・結末が気になる方は映画館に足をお運び下さい(笑)。

 

 この映画はクラウドファンディングによって集められた資金でアニメ化が決定した作品で、原作はこうの史代さんの同名の漫画です。今こうして生きていて、日々食べるものに困ることなく、普通の生活が送れるっていうことがどんなに幸せなことなのかを実感できる作品です。

 

 平和にすっかり慣れてしまっている私は、普通の生活が普通に送れることに感謝することなく、どんどんわがままになってしまっています。家族みんなで一つ屋根の下で暮らせて、毎日お腹一杯ご飯が食べられて、やりがいのあるお仕事があることに感謝しないといけませんね。子供が勉強しないとか、主人がイラっとするようなことを言うとか、そんな小さなことに不満を募らせている場合じゃないって思いました(笑)。戦争を知っている方にも知らない方にも皆様にご覧になって頂きたい作品です。

 

 一昨日いらした患者様よりお心遣いを頂戴しました。

iPhoneImage.png

 お土産も頂戴しました。

iPhoneImage.png

 私のお休みしていたバレンタインデーにはチョコレートも頂戴しました。

iPhoneImage.png

 業者さんからもチョコレートを頂きました。

iPhoneImage.png

 昨日いらした患者様からもお心遣いを頂戴しました。

iPhoneImage.png

 皆様ご馳走様でした。

 

あきこクリニックTEL03−5717−3444またはメールinfo@akiko-clinic.comまでご連絡お待ちしております。当院ホームページはhttp://www.akiko-clinic.comです。

ランキングに参加していますので
こちらをクリックして下さい★
    ↓↓↓↓↓↓
http://beauty.blogmura.com/  

posted by: akiko-clinic | 読書・映画 | 05:52 | - | - |-
映画「本能寺ホテル」を観てきました

 月曜日のお休みに映画「本能寺ホテル」http://honnoji-hotel.com/を観てきました。

iPhoneImage.png

 何を隠そう私は大の堤真一さんファンです!!この映画の見どころは、なんといっても堤真一さんの織田信長役です。普段の堤真一さんもとても格好良いですが、信長役の堤さんの格好良さは格別でした。特に横顔が・・・ヤバイくらいに格好良かった〜(笑)。そして恒例のあらすじです。

 

 勤めていた職場が倒産してしまい職を失った倉本繭子(綾瀬はるか)は、何もやりたいことが見つからず、次の職場も決まらず、付き合っている吉岡恭一(平山浩行)の「だったら結婚しようか?」というプロポーズを何となく受けてしまい、彼のご両親への挨拶のために京都を訪れ、「本能寺ホテル」に宿泊することになる。ところがこのホテルは本能寺の変の前日の「本能寺」と繋がっており、繭子は本物の織田信長(堤真一)や森蘭丸(濱田岳)と会うことになる。安土桃山時代と現代とを行き来するうちに、この日が本能寺の変の前日だと知った繭子は、織田信長に明智光秀(高嶋政宏)の謀反のことを伝えてしまう。果たしてそのことを知った織田信長はどうするのか?歴史は変わってしまうのか?・・・結末が知りたい方はどうぞ映画をご覧下さい(笑)。

 

 謎に包まれた「本能寺の変」にまつわる映画としては、昨年公開された「信長協奏曲」も飛行機の中で見ましたが、現代人があの時代にタイムワープして織田信長に明智光秀の謀反を先に告げるという設定は同じです。それを知った上で織田信長はどういう行動をとるのか?歴史は変わってしまうのか?というのが映画の見どころです。

 

 この映画では、「何がやりたいのか?」というのが何度も問われるのですが、近藤正臣さんの「何ができるか?ではなくて何がやりたいのか?を聞いているんや。」というセリフが心に沁みます。私にとってはとても良い映画で、涙するシーンもありましたが、一般的な映画評はイマイチみたいです(涙)。まあ万人に高評価を得ることは不可能ですし、万人受けを狙っていたら何もエッジのきいたことはできないと私は思っているので、戦国時代好きの方と堤真一さんファンにはとりあえずおススメしておきます。

 

あきこクリニックTEL03−5717−3444またはメールinfo@akiko-clinic.comまでご連絡お待ちしております。当院ホームページはhttp://www.akiko-clinic.comです。

ランキングに参加していますので
こちらをクリックして下さい★
    ↓↓↓↓↓↓
http://beauty.blogmura.com/  

posted by: akiko-clinic | 読書・映画 | 06:44 | - | - |-
映画「ローグワン」もうひとつのSTARWARSを観てきました

 元旦に札幌で息子と二人で映画「ローグワン もう一つのSTARWARS」を観てきました。

iPhoneImage.png

 このお話はSTARWARSシリーズの3と4の間のお話です。デススターという惑星一つ簡単に破壊してしまうことが可能な兵器の開発者であるゲイレン・アーソとその娘ジン・アーソとの確執と父子の愛をテーマとした、素晴らしい物語です。このあらすじを書いてしまうとかなりネタバレなので、あらすじはまたまた書きません。気になる方は映画館に足をお運び下さい(笑)。

 

 すべてのスターウォーズファンに見て頂きたい作品です。因みに全くのスターウォーズファンではないという方にも楽しめる作品ですが、デススターがどれほどの兵器なのか?ということを知っているとより楽しめると思います。シリーズ7作品のうち、どれか一つだけ観てから観賞するというのであれば、4を観ることをお勧めします。

 

 本編の主要キャストのほとんどは出演せず、やはり「もう一つのスターウォーズ」という感じの映画ですが、逆に全くのスターウォーズファンではない方にも楽しめる作品だと思います。ダースベイダーの存在感はしっかりと健在ですし(笑)。わたしも涙しましたが、親子の間でもきちんと意思の疎通を行うことは大切ですね。

 

 本日は日曜日でクリニックは休診日です。母を預けようかなと思っている施設の見学に行ってきます。そして今夜は息子がスキー教室から帰って来るので、息子の好きなものを用意してお迎えしたいと思います!!

 

 一昨日いらした患者様よりお心遣いを頂戴しました。

iPhoneImage.png

 いつもお気遣いありがとうございます。

 

あきこクリニックTEL03−5717−3444またはメールinfo@akiko-clinic.comまでご連絡お待ちしております。当院ホームページはhttp://www.akiko-clinic.comです。

ランキングに参加していますので
こちらをクリックして下さい★
    ↓↓↓↓↓↓
http://beauty.blogmura.com/  

 

posted by: akiko-clinic | 読書・映画 | 08:30 | - | - |-
映画「ぼくは明日、昨日のきみとデートする」を観てきました

 先週娘と二人で映画「ぼくは明日、昨日のきみとデートする」を観てきました。

iPhoneImage.png

 福士蒼汰さん主演で、恋人役は小松菜奈さんでした。原作は七月隆文さんで、娘は原作本を読んでいましたが、私は読まずに映画を観たので、新鮮な気持ちで観ることが出来ました。ここでいつもならあらすじから・・・となるところですが、あらすじを書いてしまうとネタバレになってしまいますので、今回はあらすじを書きません。

 

 とにかくせつない恋愛映画でした。娘に付き合って渋々という感じで観たのですが、途中から涙が止まりませんでした。涙腺の強い娘でさえ泣いていた位だったので、どれほどせつないかお分り頂けると思います。こんなにも人を好きになることが出来るんだな〜私もこのくらいせつない恋をしてみたかったな〜と思いました。まあアラフィフの私にはこのような恋が訪れることは決してありませんが(笑)。

 

 予告を観た時には、「この相手役の子あんまり可愛くなくね?」と娘共々思っていましたが、映画を観ているうちに可愛く見えてくるから不思議不思議。やはりうちの主人のモットー「知ることは愛すること」というのは名言で、人は知らないものに対してはあまり好意的に見ることが出来ないのですが、知ると好意的に見ることが出来ると思います。この二人の恋の結末が気になる方は映画をご覧になるか本をお読み下さい。

 

 本日は月曜日でクリニックは休診日です。最近体調があまり良くないので、病院に行ってきます。明日から30日までご予約満載なので、万全の体調で臨みたいと思います。

 

あきこクリニックTEL03−5717−3444またはメールinfo@akiko-clinic.comまでご連絡お待ちしております。当院ホームページはhttp://www.akiko-clinic.comです。

ランキングに参加していますので
こちらをクリックして下さい★
    ↓↓↓↓↓↓
http://beauty.blogmura.com/  

posted by: akiko-clinic | 読書・映画 | 06:34 | - | - |-
映画「聖の青春」を観てきました

 先週の月曜日に一人で映画「聖の青春」を観てきました。

iPhoneImage.png

 私は将棋のことは詳しくないのですが、この映画は村山聖(むらやまさとし)さんという29歳で亡くなった天才棋士の方の実話に基づいたお話です。村山聖さんを演じたのは松山ケンイチさんで、村山さんはネフローゼを患っていたので松山さんは20キロも体重を増やして役作りをしたそうです。村山さんは「東の羽生、西の村山」と並び称されていましたが、名人になるという夢の途中で癌のために亡くなってしまいました。羽生さん役は東出昌大さんで、もう羽生さんにしか見えなかったほど素晴らしい役作りでした。お二人の対局シーンは緊迫感と臨場感満載で、観ている方もハラハラドキドキでした。村山さんのお母さん役が竹下景子さんで、「ごめんねぇ、聖・・・丈夫な身体に産んでやれんで」というシーンがあるのですが、それに対して聖は「・・・でもこんな身体じゃなかったら将棋に出会ってなかったかもしれない」と言います。このシーンは私の実生活ともすごくかぶっていて、うちの母はいまだに「あきちゃんのこと五体満足に産んであげられなくてごめんね」と言って泣くのですが、私ももしも足が悪く生まれていなかったら絶対に医師になっていなかったと思うので、「足が悪くなかったらこの仕事についていなかったんだから結果的に先天性股関節脱臼で生まれてきて良かったんだよ。」といつも言っています。母親というのは子供のことに全面的に責任を感じるものですからね。

 

 私は映画が大好きで、今年もたくさん観ましたが、今年のナンバー1を一つだけ選ぶとしたら間違いなく「ハドソン川の奇跡」です。もしもご覧になっていない方がいらっしゃいましたら、レンタルでも良いのでご覧になって下さい。あれも実話に基づいたお話でしたが、パイロットの方と同様に人様の命を預かるお仕事をしている医師ですので、一瞬の判断が生死を分けることもあるということがリアルに感じられました。この映画に関する感想を書いた記事はこちらhttp://akiko-clinic.jugem.jp/?day=20161007です。

 

あきこクリニックTEL03−5717−3444またはメールinfo@akiko-clinic.comまでご連絡お待ちしております。当院ホームページはhttp://www.akiko-clinic.comです。

ランキングに参加していますので
こちらをクリックして下さい★
    ↓↓↓↓↓↓
http://beauty.blogmura.com/  

posted by: akiko-clinic | 読書・映画 | 07:09 | - | - |-
映画「海賊と呼ばれた男」を観てきました

 日曜日は子供たちを連れて茅ヶ崎に行った後、家族4人で映画「海賊と呼ばれた男」http://kaizoku-movie.jp/を観てきました。このお話は百田直樹さんの小説を読んで知っていましたが、最初から最後まで私は泣き通しで、最後には顔がなくなってしまうぐらいでした(笑)。例によってこのお話を全くご存じない方のためにあらすじから・・・

 

 国岡鐵蔵(岡田准一)は国岡商店の店主で、石炭一色だった日本で「将来は石油の時代が来る!!」と信じて石油事業に乗り出すが、なかなか商売はうまくいかない。金を貸してくれた木田(近藤正臣)に「あれは貸したんやない。あとなんぼあったら商売はうまくいくんや。神戸の家を売ったらあと3万は作れる。それでもだめだったら二人で乞食になろう。」と言われて新たな商売を思いつく鐵蔵だったが、その後もメジャーとの戦いや愛する者との別れなど問題は次々とやってくる。そして第二次世界大戦が終わり、鐵蔵の新たな戦いが始まる。果たして鐵蔵はその戦いに勝つことができるのか?そして鐵蔵は何のためにそこまで戦いを挑み続けるのか?・・・結末をお知りになりたい方は映画館に足をお運びになるか本をお読み下さい(笑)。

iPhoneImage.png

 岡田准一さんは私の最も大好きな俳優さんですが、今回の役では20代~90代まで演じていました。60代がメインの役でしたが、まったく違和感のない堂々とした演技で、私も娘も「さらに惚れてまうやん♡」という感じでした(笑)。このお話は実話を基にした小説を原作とした映画で、出光石油を興した創始者のお話がもととなっています。出光さんは凄い人ですが、それを単なる偉人のお話としないところに山崎貴監督の意気込みを感じます。

 

 戦後の苦しい時に一人の従業員の首も切らず、「従業員は家族や」と言い切る鐵蔵に「あきクリと同じだ~」と勝手に共感を覚えてしまいました。うちのクリニックのスタッフは私にとって家族なので、一つの秘密もありません。経営的なことも私のプライベートも、全てのスタッフが知っているのですが、そんなクリニックはあきこクリニック以外には絶対にないと断言できます。そんな家族経営的なクリニックが良い!と思って頂ける患者様に恵まれて、私もスタッフもとても幸せです。

 

 先日いらした患者様よりお心遣いを頂戴しました。

iPhoneImage.png

 おいしい大福をご馳走様でした。仲良しの千春先生からお歳暮を頂きました。

iPhoneImage.png

 完全にクリスマスバージョン!!子供たちが喜んでいました。いつもお気遣い頂きありがとうございます。お世話になっている業者の方からはゴディバのチョコレートクッキーを頂きました。

iPhoneImage.png

 ご馳走様でした。

 

 月曜日には一人でまた別の映画を観たのですが、その話はまたブログに書きますね。

 

あきこクリニックTEL03−5717−3444またはメールinfo@akiko-clinic.comまでご連絡お待ちしております。当院ホームページはhttp://www.akiko-clinic.comです。

ランキングに参加していますので
こちらをクリックして下さい★
    ↓↓↓↓↓↓
http://beauty.blogmura.com/  

posted by: akiko-clinic | 読書・映画 | 05:46 | - | - |-
映画「ハドソン川の奇跡」を観てきました

 先日スタッフと共に診療終了後に二子玉川の映画館で「ハドソン川の奇跡」http://wwws.warnerbros.co.jp/hudson-kiseki/#を観てきました。この映画は実話を基に作られた映画で、私の大好きなクリントイーストウッド監督の作品でトムハンクス主演。とにかくよかったので皆様に観て頂きたいです。例によってあらすじから。

 

 2009年1月15日、サリー(トムハンクス)が機長を務める飛行機はラガーディア空港を離陸直後に鳥の集団と激突し、両側のエンジンの推進力を失ってしまう。管制官はラガーディア空港へと戻るように指示するが、サリーは長年のパイロットとしての経験からそれは出来ないと判断し、ハドソン川へと着水する。乗員乗客155名は全員無事!!サリーは一躍英雄となるが、「果たして他の選択肢はなかったのか?ハドソン川への着水は乗客を危険に晒す行為ではなかったのか?シュミレーションでは空港に戻れるはずだがなぜそうしなかったのか?」と事故調査委員会はサリーを追い込んでいく。徐々に精神的に追い込まれていくサリーが頼れるものは副操縦士のジェフと愛する家族だけ・・・果たしてサリーは犯罪者となるのか?それとも英雄となるのか?・・・結末が気になる方は映画館に足をお運びください(笑)。

 

 人の命を預かり、一瞬の判断で人々を不幸にも幸せにも導きうる仕事を持つ身としては、とても共感できる映画でした。そして仕事で飛行機に乗る機会の多い身としては、「鳥がエンジンに巻き込まれちゃうだけで飛行機って落ちるんだ〜(汗)」と思ったら、飛行機での出張が怖くなってしまいました。

 

 155名の乗客は、サリーはもちろんのこと、一般の乗客の方達も非常事態にとても冷静で、私があの乗客のうちの一人だったらあんなに冷静に行動できなかったのではないか?と思いました。最近は洋画の良い作品に出合うことがほとんどなく、「今は洋画より邦画がずっと熱いわよね?」と思っていましたが、久々の洋画の良い作品に出会えて幸せです。感動で涙が止まりませんでした。すべての方に自信を持ってお勧めできる映画です。そして二子玉川の映画館はとても音響効果も座席も素晴らしく、久しく新宿ピカデリーとユナイテッドシネマとしまえん以外で映画を観ていなかった私としては、「診療後の映画鑑賞を定例化しよう!!」とスタッフに提案してしまいました。

 

 パンフレットが完売で購入できなかったので、今回は写真なしです(涙)。とにかく皆様是非ご鑑賞ください!!

 

あきこクリニックTEL03−5717−3444またはメールinfo@akiko-clinic.comまでご連絡お待ちしております。当院ホームページはhttp://www.akiko-clinic.comです。

ランキングに参加していますので
こちらをクリックして下さい★
    ↓↓↓↓↓↓
http://beauty.blogmura.com/  

posted by: akiko-clinic | 読書・映画 | 06:11 | - | - |-
映画「四月は君の嘘」を観てきました

 先日ちょこっとこの映画を観たことを書きましたが、あまりにも良かったのでしっかりと感想を書きたいと思います。

iPhoneImage.png

 高校2年生の有馬公正(山崎賢人)と澤部椿(石井杏奈)と渡亮太(中川大志)は幼馴染でいつも一緒にいる。公正はかつては天才ピアニストだったが、母(檀れい)が亡くなってからはピアノが弾けなくなってしまっている。そんなある日、椿のクラスメイトで渡のことが好きだという女の子・宮園かをり(広瀬すず)を紹介される。3人はそのままかをりのヴァイオリンのコンクールを応援しに行くことになる。かをりの演奏は自由で楽しげで、譜面を正確に弾くだけの他の演奏者とは一線を画しており、その場にいる人の心をガッチリと捉える。コンクールの二次予選へと進むことになったかをりは、二次予選の伴奏者に公正を指名する。公正は演奏にのめり込むとピアノの音が聞こえなくなるという状態のため、「もうピアノは弾けない。他の伴奏者を探して。」とかをりに言うが、最終的にはかをりとともに二次予選のステージに立つ。はじめは上々に思えた演奏は、次第に音がずれ始め、とうとう公正は演奏をやめてしまう。かをりも一度は演奏をやめてしまうが、公正に「アゲイン‼」と微笑みかけて、二人は最後まで演奏をやり遂げる。演奏中断によりコンクールは失格となるが、本来は入賞者しか出られないガラコンサートに招待されたかをりは、再び公正と演奏することを望む。しかし、ガラコンサートにかをりは現れなかった・・・。かをりの身に何が起きたのか?かをりが付いた嘘とは一体何だったのか?・・・気になる方は映画をご覧になられて下さい(笑)。

 

 広瀬すずさんがヴァイオリンを猛特訓したことが良く分かる演奏シーンがとても印象的で、演奏シーンでのドレス姿も素敵でしたし、天真爛漫な笑顔も最高でした。予選の時の伴奏のピアノはYAMAHAで、ガラコンサートの時のピアノはSTEINWAYだったのも、「良く分かってるな〜」と感心しましたね。

 

 私は小さい時からピアノを習っていましたが、全く才能がなくってたいして弾けないうちに中学生の時にやめてしまいました。高校では音楽部のオーケストラ部門でヴァイオリンを弾いていましたが、小さい頃に身につけた絶対音感がとても役に立ちました。映画の舞台が鎌倉(私の中学は鎌倉です)で、江ノ電や新江ノ島水族館など懐かしい風景が出てきたことも私の感情を掻き立てたのか、途中からは涙なしには見られませんでした。青春時代を思い出したい大人の方と、私のような広瀬すずファンの方と、音楽を愛する全ての人にお勧めしたい映画です。

 

あきこクリニックTEL03−5717−3444またはメールinfo@akiko-clinic.comまでご連絡お待ちしております。当院ホームページはhttp://www.akiko-clinic.comです。

ランキングに参加していますので
こちらをクリックして下さい★
    ↓↓↓↓↓↓
http://beauty.blogmura.com/  

posted by: akiko-clinic | 読書・映画 | 05:11 | - | - |-