Search
Calendar
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< June 2017 >>
ランキングに参加しています。クリックお願いします。
にほんブログ村 美容ブログへ
にほんブログ村
Recommend
New Entries
Recent Comment
Recent Trackback
Category
Archives
Profile
Links
mobile
qrcode
RSSATOM 無料ブログ作成サービス JUGEM
パースピレックスの季節がやってきました
 なんだか一気に暑くなってしまいましたね。暑い時期にはいろいろな部分の汗が気になるもの・・・そのような方にオススメなのがこちらです。

 画期的な制汗剤パースピレックスです。パースピレックスの何がそんなに画期的なのかというと、夜寝る前に塗って頂くだけで、65%の発汗を抑制することが出来、しかもその効果が72時間以上持続するのです。

 市販に制汗剤は数々あれど、そんなに高い制汗抑制作用があるものはなく、また高い制汗抑制作用があるものは皮膚のかぶれの心配がありました。パースピレックスは皮膚のかぶれのリスクを軽減する乳酸アルミニウムを含有しているので刺激に弱い方でも安心して使うことができるのです。

 使い方は簡単で、夜お風呂上がりに水分をよく拭き取ってから手足にはローションタイプ、脇の下にはロールオンタイプを塗って一晩寝ます。朝起きたら濡れタオルで薬を拭き取ります。これで約72時間効果があるのですが、使い始めの1週間だけは毎日(皮膚の弱い方は1日おき)塗って頂き、1週間経過後は3日に1度塗るだけで十分なのです。面倒臭がりの方にでも簡単に続けられそうですよね?

 気になるお値段ですが、ワキ用のロールオンタイプ(写真向かって右側のもの)は4320円、手・足用のローションタイプ(写真向かって左側のもの)は4860円で処方しています。1つで3ヶ月以上持つことを考えると大変お得だと思います。私もこの時期は脇の汗が気になるので脇にはロールオンタイプを、そして生足でサンダルを履くようになると足の臭いも気になるので足にはローションタイプを愛用しています。処方薬となりますので、この薬の処方のみをご希望の場合でも、必ず予約を取ってからお越し下さい。

あきこクリニックTEL03−5717−3444またはメールinfo@akiko-clinic.comまでご連絡お待ちしております。当院ホームページはhttp://www.akiko-clinic.comです。

ランキングに参加していますので
こちらをクリックして下さい★
    ↓↓↓↓↓↓
http://beauty.blogmura.com/
 
posted by: akiko-clinic | ワキガ・多汗症 | 05:31 | - | - |-
脇のボトックス注射を受けました☆
 いつの間にやらすっかり猛暑ですよね〜。暑い季節になると脇の汗が気になりますが、私は快適に過ごしております。なぜなら、先日皮膚科の藤田先生に脇の下にボトックスの注射をしてもらったからです。これでこの夏がどんなに暑くなっても安心です。

 元々はそんなに脇の汗は多くなく、脇の臭いも全く気にならなかったので、今までに制汗剤を使い切ったことはありませんでした。ところが、出産を機に体質が変わってしまったのか、臭いは全く気になりませんが汗の量だけがものすごく増えてしまったのです。手術をしていると、脇の下を汗がツーっと伝っていくのがわかるほどに汗をかいてしまいます。 

 そこで数年前に思い切って脇の下にボトックスの注射をしてもらったところ、脇の汗が劇的に減ってとても快適に過ごせるようになりました。それ以来必ず夏前にはボトックスの注射を受けるようにしています。

 脇の下の汗は交感神経の支配によりコントロールされていますが、ボトックスを注入するとその部分の交感神経からのアセチルコリンの放出が抑制されるので汗の量を減らすことができるのです。だいたい70%位の汗を減らすことができるので、全くかかないというわけではありませんがとても快適で汗ジミもできなくなります。

 施術はとても簡単で、脇の下の毛が生えている範囲に万遍なくボトックスを注入していくだけです。当院では塗る麻酔と笑気ガスを併用しておりますので、注入時の痛みはあまりありません。注射をしてから3日〜1週間経過すると、汗の量が減ったことを実感して頂けます。その状態は約半年前後続きます。

 当院では脇のボトックス注入は両脇で8万円で行っておりますが、100単位のボトックスを注入してしっかりと効果が出せるので、「安いクリニックで受けたら効果が出なかった」というような方にもオススメです。いつものお約束通り(笑)「ブログを見た」と言って頂ければ10%オフの7万2千円で施術を行います。

 一昨日いらした患者様よりお中元を頂きました。

 美味しい桃をこんなに沢山ありがとうございます。スタッフと仲良く分けて頂きました。また、別の患者様よりお心遣いを頂きました。

 冷やして食べるととっても美味しい夏のミルフィーユ。おやつに美味しく頂きました。また、業者の方からもお中元を頂きました。

 おいしいゼリーをご馳走様でした。

この施術に関する過去の症例記事がございます。左カテゴリーより選択の上ご覧下さい。

あきこクリニックTEL03−5717−3444またはメールinfo@akiko-clinic.comまでご連絡お待ちしております。当院ホームページはhttp://www.akiko-clinic.comです。

ランキングに参加していますので
こちらをクリックして下さい★
    ↓↓↓↓↓↓
http://beauty.blogmura.com/


posted by: akiko-clinic | ワキガ・多汗症 | 05:50 | - | - |-
ワキのボトックス注射の季節になりました
 梅雨入りしてから全然雨が降らず、夏場の水不足が心配ですよね?そして毎日暑い!!日本特有のじめじめとした湿気の強い暑さで、早くもエアコンをつけてしまっています。この時期になると急に増える診療が「ワキのボトックス注入」です。

 ワキの下は、交感神経が汗を出す指令をしているのですが、ワキにボトックスを注入すると交感神経からのアセチルコリンの放出を抑制するので、汗の量を減らすことができるのです。ボトックスの注入後3日〜1週間で約70%の汗を減らすことができます。

 施術はいたって簡単で、ワキの毛が生えている範囲に片側25ヶ所ずつ計50ヶ所に100単位のボトックスを注射器でちょこちょこと注入するだけです。ダイレクトにすると痛いので、塗る麻酔を縫って十分に時間を置き、痛みを和らげて注入を行っていきます。それでも痛いという方には笑気ガスという吸う麻酔のご用意もありますので、痛みのことはご心配いりません。

 この施術で大切なことは、何単位のボトックスをどのくらいのヶ所にどのくらいの深さで注入するか?ということです。以前に勤務していた大手クリニックでは、「キャンペーン中は施術費用が安いので極力ボトックスの量を減らしなさい!!」などと言われて、40単位とか60単位しか注入してはいけないと言われて全然効果がなくてとても嫌な思いをしました。今は全症例必ず100単位注入しているので、「効果がない」と言われたことはありません。

 クリニックによってあまりにも値段に開きがあるので、患者様から「違いはなんですか?」と聞かれましたが、それは注入する量の違いによるものです。あとはアラガン社製しか効果がないと信じている患者様もいらっしゃいますが、そんなことはありません。私はアラガン社製も使用したことがありますが、溶解してすぐに注射しないと力価が下がってしまうのと、抗体ができやすいのが気に入らなくて、敢えて韓国製のレジェノックスを使用していますが、この製品は溶解後の力価があまり下がらず抗体ができないのがとても気に入っています。

 当院ではワキのボトックス注入は両脇で1回8万円で施術を行っておりますが、いつものお約束通り(笑)「ブログを見た」と言って頂ければ10%オフにて施術いたします。私もそろそろ藤田先生に注射してもらわないと、夏場に好きなお洋服が着られなくなってしまいます。出産して以来、臭いは気にならないものの汗の量が半端なく増えてしまったものですから・・・。

この施術に関する過去の症例記事がございます。左カテゴリーより選択の上ご覧下さい。

あきこクリニックTEL03−5717−3444またはメールinfo@akiko-clinic.comまでご連絡お待ちしております。当院ホームページはhttp://www.akiko-clinic.comです。

ランキングに参加していますので
こちらをクリックして下さい★
    ↓↓↓↓↓↓
http://beauty.blogmura.com/
posted by: akiko-clinic | ワキガ・多汗症 | 07:35 | - | - |-
多汗症のボトックス治療が好評です
 今年は空梅雨で、たいして雨が降らないうちに真夏になってしまいましたね。真夏になると気になるのが脇の下の汗・・・皆様どのように対策していらっしゃいますか?脇の下の汗はお顔などの汗と違って人前で拭くことができませんので、吸湿性の良いお洋服を着るとか汗をかいても目立たない色の洋服を選ぶとかの対策が必要ですよね。

 私は出産前はたいして脇の下に汗をかくことはなかったのですが、出産した途端に半端ではなく脇の下に汗をかくようになってしまい、手術をしていると汗がたらっと落ちていくのがわかる位になってしまいました。女性ホルモンの関係で、出産後に汗が急増したという方はとてもたくさんいらっしゃるようで、クリニックにご相談に来る方がとても多いです。

 臭いに関してならば、殺菌作用のある塗り薬を使うとかの対策もありますが、汗の量に関してはご自分で出来ることで有効なことはあまりありません。制汗剤のスプレーをしてもちっとも汗の量は減りませんし、こまめにスプレーをしていると皮膚が炎症を起こすこともありお勧めできません。

 そのような多汗症に悩む方にとても好評なのが、脇の下のボトックス注入です。脇の下の毛が生えている範囲内にまんべんなくボトックスを注入することで、汗の量を70%位減らすことが可能なのです。このメカニズムは、脇の下の汗は交感神経が支配をしているのですが、ボトックスを注入した部分は交感神経からのアセチルコリンの分泌が抑制されるため、汗をかきにくくなるのです。

 注射をした後3日〜1週間で効果が表れ、その状態が平均で6ヶ月前後は持続します。効果の持続は個人差があるため、3ヶ月程度しか持続しない方もいらっしゃいますが、逆に1年ぐらい効果が持続する方もいらっしゃいます。

 しっかりと効果を出し持続を長くするためには、注入するボトックスの量も重要です。以前勤務していた大手クリニックでは、片側につき30単位ずつ合計60単位のボトックスを使用するように指示されていましたが、この量ですとあまり効果が出ない方が結構いらっしゃいました。開業してからは片側につき50単位ずつ合計100単位のボトックスを注入することに変えましたが、この量にしてからは「効果がない」という方は全くいらっしゃらなくなりました。

 当院では脇のボトックス注入の際には塗る麻酔を使用して皮膚の感覚を鈍くしてから注入を行っており、さらに痛がりの方には笑気ガスによる麻酔も併用しておりますので、注入中の痛みはあまりありません。両側で1回8万円で施術を行っておりますが、いつものお約束通り(笑)「ブログを見た」といって頂ければ10%オフにて施術いたします。

この施術に関する過去の症例記事がございます。左カテゴリーより選択の上ご覧下さい。

あきこクリニックTEL03−5717−3444またはメールinfo@akiko-clinic.comまでご連絡お待ちしております。当院ホームページはhttp://www.akiko-clinic.comです。

ランキングに参加していますので
こちらをクリックして下さい★
    ↓↓↓↓↓↓
http://beauty.blogmura.com/

 
posted by: akiko-clinic | ワキガ・多汗症 | 05:47 | comments(0) | trackbacks(0) |-
汗の量が気になる季節になりました
 4月になっても寒い日が続いていたと思っていたら、いきなり夏日になってしまったりまた肌寒くなったりとはっきりしない日々が続きますが、室内にいるととにかく暑くてじめじめしていますよね?またまた脇の汗が気になる季節となってしまいました。

 子供を出産する前は、暑い時期に全身から汗をかくことはあっても脇の汗だけが気になるということはなかったのですが、出産すると女性ホルモンの影響で女性の体質は変わるのです。他のところは汗をかいていないのに、脇だけはたれてくるほど汗をかく「多汗症」にすっかりなってしまいました。

 例年ならば少し暖かくなってくる3月頃に脇のボトックス注入を終えているのですが、今年は暖かくなるのが遅かったせいで4月中旬まで全く汗の量が気にならず、気になり始めた時にはもうGW直前の猛烈に忙しい時期に突入してしまい、いまだに脇のボトックス注入をしていません。今は毎日忙しくてとても私が施術を受けている場合ではないので、GWが終わって少しご予約が落ち着いたら皮膚科の藤田先生に施術してもらおうと思っています。

 脇の下の汗は交感神経によって支配されていますが、ボトックスを注入した部分は交感神経からのアセチルコリンの放出が抑えられるので汗の量を減らすことが出来るのです。施術は非常にシンプルで、脇の毛が生えている範囲全体に片側で25ヶ所ずつボトックスを注入していくだけです。傷が残ることもありませんし、施術後の腕の安静も必要ありません。注入直後は何も変わらないのですが、注入3日後〜1週間後には汗の量が70%程度減ります。この状態は平均で半年間(長い方は1年間、短い方は3〜4ヶ月)持続します。

 1回1回の注入はたいして痛くはないのですが、なにしろ両側で50回も針を刺すことになるので、当院では塗る麻酔か笑気ガスによる麻酔あるいはその両方を使用して施術を行いますので痛みの心配はあまりありません。ちなみに私は痛みには強いタイプなので、塗る麻酔だけで施術してもらっています。当院では1回8万円で施術を行っておりますが、いつものお約束通り(笑)「ブログを見た」と言って頂ければ10%オフにて施術いたします。

 GWも終わりに近づいてきました。今日も朝から晩までオペ三昧の一日ですが、本日の診療終了後は最近週一で通い詰めている「Hodori Grandi」 でスタッフと栄養補給をする予定なので、それを楽しみに一日頑張れそうです。

この施術に関する過去の症例記事がございます。左カテゴリーより選択の上ご覧下さい。

あきこクリニックTEL03−5717−3444またはメールinfo@akiko-clinic.comまでご連絡お待ちしております。当院ホームページはhttp://www.akiko-clinic.comです。

ランキングに参加していますので
こちらをクリックして下さい★
    ↓↓↓↓↓↓
http://beauty.blogmura.com/

 
posted by: akiko-clinic | ワキガ・多汗症 | 07:13 | comments(0) | trackbacks(0) |-
そろそろ汗が気になる季節です
 5月になって急に暑い日が増えてきましたね。この季節になると、患者様が急増するのが「ワキガ・多汗症」です。ワキガの原因はアポクリン腺からの分泌物です。人間の体には2つの汗腺があり、いわゆる普通の汗が出る「エクリン腺」と、臭いの元になる「アポクリン腺」です。エクリン腺は全身にあり、アポクリン腺は外耳・腋窩(脇の下)・乳輪・陰部・肛門周囲だけに存在します。

 アポクリン腺はどなたにでもありますが、その数と機能には大変個人差があり、アポクリン腺の数が多い方を通常「ワキガ体質」と呼んでいます。このワキガ体質は常染色体優性遺伝ですので、ご両親のどちらかがワキガ体質の場合は50%、ご両親ともワキガ体質の場合は75%の確率でお子さんに遺伝します。通説で言われているように、人から人に「移る」ことはありません。

 ワキガの治療方法としては、アポクリン汗腺を取り除く手術を行うか、ボトックスの注入を行うかという方法があります。手術方法には吸引法・超音波吸引法・剪除法・組織削除法などがあります。吸引法ではアポクリン腺を完全に取り除くことが出来ず、術後しばらくして再発する場合が多いのでおススメいたしません。

 当院ではイナバ式削除器を用いた組織削除法を行っておりますが、術後1週間は固定がついたり、術後しばらくは脇の下全体が色素沈着を起こしてくすんだ色になったり、硬くなったりするので、患部がきれいに治るまでには半年前後のお時間が必要です。本格的な手術を行うのは秋・冬がおススメなのは、患部がきれいになるまでお洋服で隠しておけるからです。

 今の時期に治療を行うのであれば、ダウンタイムのないボトックス注入がおススメです。これは、ワキの毛が生えている範囲にボトックスの注射を細かく打つだけで、安静も必要ないですし傷跡が残ることもありません。当院では、注射が痛くないように塗る麻酔を塗ってから施術を行うか、笑気ガスを吸って頂きながら施術を行うか、痛がりの方にはプロポフォールによる静脈麻酔を行うことも可能です。

 ボトックスを注入したところは、汗の量が70%位は減らせるので、汗の量が減ることによって臭いも軽減することが出来ます。ボトックスの注入ならば、ワキだけではなく手の多汗にも、すそが(陰部の臭い)にも行うことが出来ます。

 当院での多汗症へのボトックス注入は両脇で8万円で行っておりますが、手の多汗・すそがに対しても同じ費用で行っております。いつものお約束通り(笑)「ブログを見た」と言って頂ければ10%オフにて施術いたします。

 昨日いらして頂いた患者様よりお心遣いを頂きました。

 おやつに美味しく頂きました。

この施術に関する過去の症例記事がございます。左カテゴリーより選択の上ご覧下さい。

あきこクリニックTEL03−5717−3444またはメールinfo@akiko-clinic.comまでご連絡お待ちしております。当院ホームページはhttp://www.akiko-clinic.comです。

ランキングに参加していますので
こちらをクリックして下さい★
    ↓↓↓↓↓↓
http://beauty.blogmura.com/
 

  
posted by: akiko-clinic | ワキガ・多汗症 | 07:21 | comments(0) | trackbacks(0) |-
わきが・多汗症についてその2
 今日は昨日とはうってかわって冬のように寒いですが、昨日のお約束通り多汗症についてお話します。ここで言う多汗症とは、脇の多汗症だと考えて下さい。

 まず多汗症の原因ですが、わきがの人の70%が多汗症も合併していると言われていますが、多汗症の人がわきが体質というわけではなく、様々な原因で多汗症は起こります。

 一つは心因性で、交感神経の働きが亢進しているために脇・手の平・足の裏の汗が多く出るというものです。これは多分皆さん経験があると思いますが、緊張するとこの3ヶ所から大量の汗が出ますよね。特に緊張していなくても常にこの3ヶ所から汗がたくさん出ている場合には、交感神経をブロックするとか交感神経を切断するという方法があります。この方法は美容外科で行うものではなく、保険で病院で行います。ご希望の方には、上手な先生を存じ上げていますのでご紹介いたします。

 ホルモン分泌も多汗症に関係があると言われており、特に女性は出産を機に多汗症になる方や、更年期に多汗症になる方がとても多いです。私も出産してから明らかに脇の汗の量が増えました。ちまたでは、脱毛してから汗が増えたという人がいますが、毛がなくなる事で今まで毛が汗を吸っていたのがそのまま流れてくるようになり増えたように感じるのと、ちょうど脱毛するくらいの年代の方は女性ホルモンの分泌が活発になる年代なのでそれで汗が増えているだけで、脱毛により汗が増えることはありません。

 わきが体質ではない方にも、どなたにもアポクリン汗腺は存在しているので、アポクリン汗腺からの分泌物によってエクリン汗腺が機能亢進する場合もあります。

 多汗症に関してご自分で出来る対策は、汗わきパッドを使うとか、汗でぬれてもあまり目立たない色やデザインの服を着るとか、水にぬらしてわきに塗るタイプの薬(デオクリスタルなど)を使うとかぐらいで、臭いと比べて対策がしにくいですね。市販の制汗スプレーは、汗の量自体を減らす効果はほとんど期待できないので、臭い対策程度と考えて頂き、多用しないようにして下さい。

 クリニックで行う方法としては、昨日のワキガの手術とかぶりますが、皮膚を2センチ切開し皮下剥離をしてイナバ式組織削除器で皮膚の裏側にあるアポクリン汗腺・エクリン汗腺を徹底的に取り除くか、ボトックスの注入になります。

 ワキガを合併している場合は、圧倒的に組織削除法がおススメです。臭いは90%以上・汗は50%以上なくすことが出来ますし、その効果はずっと続きます。1週間の安静期間と、傷跡が目立たなくなるまでに数ヶ月から1年くらいかかりますが、得られるものの方がずっと大きいと思います。

 交感神経性の発汗で、特に手の平の汗がひどい場合は、日常生活に支障が出てしまうので、交感神経切断がいいと思います。全身麻酔を伴い数日の入院も必要ですし、代償性発汗といって他の場所の汗が増えることもありますが、それでもメリットの方が大きいと思える方にはいい方法です。

 一番悩ましいのは、臭いは気にならずわきの汗だけが多いという方です。私自身はボトックス注入が気に入っています。わきの下の毛が生えている範囲にまんべんなくボトックスを注入するだけという簡単な方法で、注入後3日から1週間で効果が出て汗の量を70%位減らすことが出来ます。安静期間が必要なく、傷も全く残らないのがメリットです。デメリットは、効果の持続が個人差もありますが半年前後なので、定期的に行う必要があり、その度にコストがかかります。

 わきの汗だけが気になる方でも、1回で終わらせたいとお考えならば、組織削除法を行ってもいいと思います。費用は組織削除法が両脇で30万円、ボトックスの注入が両脇で8万円ですが、いつものお約束通り(笑)、「ブログを見た」と言って頂ければ10%オフにて施術いたします。

 あきこクリニックTEL03−5717−3444またはメールinfo@akiko-clinic.comまでご連絡お待ちしております。当院ホームページはhttp://www.akiko-clinic.comです。

ランキングに参加していますので
こちらをクリックして下さい★
    ↓↓↓↓↓↓
http://beauty.blogmura.com/
posted by: akiko-clinic | ワキガ・多汗症 | 11:58 | comments(0) | trackbacks(0) |-
わきが・多汗症についてその1
 今日はとてもいいお天気で、汗ばむほどの陽気ですね。汗をかく季節になると気になってくるのが、脇の下の汗と臭いですよね。今日はわきが・多汗症の原因と対策についてお話します。

 まずわきがの原因ですが、私達の体には普通の汗を分泌するエクリン汗腺(全身にあります)と、臭いの元となるアポクリン汗腺(脇の下や耳・乳輪・陰部・肛門周囲のみにあります)の2種類の汗腺があります。アポクリン汗腺の数と機能には非常に個人差があり、数が多く機能が活発な場合がいわゆるわきが体質です。わきがは常染色体優性遺伝なので、ご両親のうちのどちらか一方がわきがの場合は50%の確率で、ご両親ともわきがの場合は75%の確率でお子さんに遺伝します。ちまたで言われているように、他人からうつるというような事は一切ありません。

 アポクリン汗腺からの分泌物自体が臭うわけではなく、エクリン汗腺から出た汗とアポクリン汗腺からの分泌物と皮脂腺から出た皮脂が混ざって皮膚表面の雑菌を分解することで特有の臭いが発生します。ですから、汗をかいてすぐに臭うわけではなく、汗をかいてからしばらく経ってから臭いが出てくるのです。

 自分でできる対策としては、とにかく清潔を保つことと汗をかいたらすぐに拭き取ることです。制汗剤をたくさん使うと、臭いが混ざってかえってくさくなることもありますし、制汗剤にかぶれて脇の下が色素沈着を起こしてしまうこともあるのでおススメいたしません。朝必ずシャワーを浴びて(ムリなら体をぬれタオルで拭くだけでもよい)、わきの下に殺菌クリームなどを塗り、汗をかいたらこまめに拭き取り、汗を良く吸う素材の洋服(綿が一番よい。ポリエステルやアクリルなどはダメ。)を着用するだけでもかなり臭いを抑えることができます。

 ご自分で対策するのが面倒な方や、臭いが強くてご自分の対策では不十分な方にはクリニックでの施術を行うことになります。クリニックで行う方法としては、アポクリン汗腺を手術で取り除く方法とわきの下にボトックスを注入する方法があります。

 手術の場合は1センチから2センチ皮膚を切開し、皮下剥離をして皮膚の裏側についているアポクリン汗腺をハサミもしくは専用の機械(イナバ式組織削除器)を使って取り除きます。術後はわきの下を圧迫固定するので、わきの下の安静を保っていただく必要があります。1週間後に抜糸が必要です。適切な手術法で行えば、再発することはありません。(吸引法などでは必ず再発します。「切らないわきがの手術」などというものはこの類です。)

 ボトックスの注入の場合は、根本的な解決法ではなく、ボトックスを注入することで汗の量を減らすことができるのでそれに伴って臭いも減るという感じです。傷は一切残らず、安静も必要ありませんが、6ヶ月ごとくらいで再注入を繰り返さないと効果がなくなってしまいます。

 わきがのことだけでかなり長くなってしまいましたので、多汗症については明日書かせて頂きます。

 手術費用は、小切開法で両脇で20万円、組織削除法で両脇で30万円、ボトックス注入で両脇で8万円です。麻酔や術後の再診費用なども全て含んだ金額です。いつものお約束通り(笑)、「ブログを見た」と言って頂ければ、10%オフにて施術いたします。また、術後の経過写真を撮るのにご協力頂ける半額モニター様も募集しております。 

あきこクリニックTEL03−5717−3444またはメールinfo@akiko-clinic.comまでご連絡お待ちしております。当院ホームページはhttp://www.akiko-clinic.comです。

ランキングに参加していますので
こちらをクリックして下さい★
    ↓↓↓↓↓↓
http://beauty.blogmura.com/
posted by: akiko-clinic | ワキガ・多汗症 | 16:28 | comments(0) | trackbacks(0) |-
ワキの多汗症について(自分で施術を受けた経験談も含めて・・・)
  今日はまたとても暖かくなりましたね。暖かくなってくると、ワキの汗が気になり始めます。もともと汗かきの私ですが、多汗というほどではありませんでした。ところが、子供を生んだとたんにワキの汗の量が激増してしまい、オペをしているとワキから汗が流れ落ちてくるほどになってしまったのです。

 ワキの汗は、女性ホルモンとも関係があり、いわゆるワキガではない方でも、女性ホルモンの分泌量が増えると多汗になる場合があります。また、ワキの汗の量は交感神経に支配されているため、精神的な影響も受けやすく、緊張したり何か気に病むことがあるだけでも、多汗になることがあります。多汗症の治療法としては、きちんと手術をして汗腺を取り除くという方法と、ボトックスを注入するという方法と、交感神経をブロックしたり切断するという方法があります。

 汗腺を取り除く手術は、吸引法や超音波吸引法では臭いは軽減できますが、汗の量はほとんど減らすことが出来ません。反転剪除法やイナバ式削除法などであれば、かなりの汗の量を減らすことが出来ます。ただし、こういった手術を受けた後は1週間程度の脇の安静が必要なので、仕事もして育児もしている私には、とうてい選べない方法です。

 交感神経の切断術は、手・足の裏・脇の汗をほぼ0に出来るのですが、そのかわりに他の部位の汗が増えるというデメリットもあります。この手術がとても上手な先生を存じ上げていますが、入院して全麻下で手術なので、この方法も私にはムリです。

 ボトックスを注入する方法は、ボトックスが交感神経からのアセチルコリンの放出を抑制するために汗が減るのですが、だいたい70%くらいの汗を減らすことが出来ます。わきの毛が生えている範囲に、25ヶ所くらいボトックスを皮下に注入するだけの簡単な方法なので、私は数年前から毎年この治療を受けています。

 注入して数日経つと、自然に汗の量が減っていてとても快適です。効果の持続は個人差がありますが、だいたい半年前後くらいです。さすがに自分で鏡を見ながら注入するのは大変なので、今回は友人のドクターにクリニックに来てもらって注入してもらいました。この治療法だと、安静期間も全く必要なく、傷跡も残らないので大変おススメです。

 当院では、両脇で1回8万円で注入を行っていますが、いつものお約束通り(笑)「ブログを見た」と言ってご予約して頂ければ、10%オフの72000円で施術いたします。ご予約お待ちしています。あきこクリニック03−5717−3444またはメールinfo@akiko-clinic.comまでご連絡下さい。

ランキングに参加していますので
こちらをクリックして下さい★
    ↓↓↓↓↓↓
http://beauty.blogmura.com/


 
posted by: akiko-clinic | ワキガ・多汗症 | 11:04 | comments(0) | trackbacks(0) |-