Search
Calendar
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< July 2019 >>
ランキングに参加しています。クリックお願いします。
にほんブログ村 美容ブログへ
にほんブログ村
Recommend
New Entries
Recent Comment
Recent Trackback
Category
Archives
Profile
Links
mobile
qrcode
RSSATOM 無料ブログ作成サービス JUGEM
上まぶたのたるみ取り(二重切開法)
 本日お見せする患者様は、上まぶたのたるみと腫れぼったさを取りたいというご希望で切開法の二重術を行った症例です。たるみのみを取るのであれば眉毛下切開を行うところですが、眉毛下切開ではまぶたの腫れぼったさをきれいに取ることが難しいので、二重のラインに沿って皮膚切除を行う方法で手術を行いました。まずは手術前のお写真です。

 患者様は50代の女性です。二重のラインはまつ毛から6ミリの所に作ることとし、皮膚切除は5ミリ幅で行いました。真ん中〜外側の眼窩脂肪もしっかりと取っています。術後1週間後の抜糸直後のお写真です。

 かなり内出血が派手に出ています。この内出血の色は10日〜2週間で自然に引いて肌色に戻ります。術後1ヶ月後のお写真です。

 かなり腫れが引いて落ち着いてきました。患者様にも大変気に入って頂きました。術後1ヶ月後の目を閉じた時のお写真です。

 まだ少し傷の赤味が残っていますが、これは術後2〜3ヶ月で自然に引いていきます。

 まぶたのたるみ取りは、今回のように二重の線に沿って皮膚を切開する場合と、眉毛下を切開する場合があります。眉毛下切開の方が腫れが軽度で社会復帰が早く、仕上がりも非常に自然になるというメリットがありますが、二重の形を変えたり腫れぼったさを取ったりすることはできません。

 二重の線に沿って切開してたるみ取りをした場合は、腫れと内出血が10日〜2週間程度は目立ちますが、二重の形を変えたり腫れぼったさを取ったり出来るので、手術によって出来る内容はこちらの方が充実しています。どちらの手術が適しているのかは、その患者様のご希望やまぶたのタイプによって変わってまいりますので、カウンセリングの際によくご相談になられると良いと思います。

 当院では、二重の線に沿って切開する場合も眉毛下切開で行う場合もどちらも手術費用は同じで両目で25万円です。いつものお約束通り(笑)「ブログを見た」と言って頂ければ10%オフにて施術いたします。また、この患者様のように患部のお写真を提供して頂ければ施術費用が半額になる半額モニター患者様も募集しております。

 昨日いらした患者様よりお心遣いを頂きました。

 中身はピーナッツの形をした最中でした。おやつに美味しく頂きました。

 本日は日曜日でクリニックは休診日ですが、私はエランセの注入に関するワークショップの講師をするため、3週連続でお休み返上です(涙)。今年は年明けからずっと過労死しそうなほど業務が忙しく、その上休日返上で働いているので、自分で自分のワーカフォリックさに呆れてしまいます。なんとか身体を壊さずに済んでいるのは、毎週のようにビタミンプラセンタ注射を打ってもらっていることと、プラセンタカプセル(ラエンネックPO)を飲んでいるからでしょうか?

この施術に関する過去の症例記事がございます。左カテゴリーより選択の上ご覧下さい。

 あきこクリニックTEL03−5717−3444またはメールinfo@akiko-clinic.comまでご連絡お待ちしております。当院ホームページはhttp://www.akiko-clinic.comです。

ランキングに参加していますので
こちらをクリックして下さい★
    ↓↓↓↓↓↓
http://beauty.blogmura.com/
  
posted by: akiko-clinic | 目元 | 06:54 | - | - |-