Search
Calendar
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< July 2019 >>
ランキングに参加しています。クリックお願いします。
にほんブログ村 美容ブログへ
にほんブログ村
Recommend
New Entries
Recent Comment
Recent Trackback
Category
Archives
Profile
Links
mobile
qrcode
RSSATOM 無料ブログ作成サービス JUGEM
リップリフトの3ヶ月後経過
 以前に1ヶ月後までの経過をお見せした患者様が3ヶ月後検診にいらっしゃいましたので経過をお見せします。まずは手術前のお写真です。
DSC05842.JPG
 患者様は20代の女性です。お若くても先天的に鼻の下が長い方もいらっしゃいます。この方の場合は中心部は15ミリと普通なのですが、鼻翼の付け根の部分は20ミリとちょっと長めでした。中心部ももっと短くしたいというご希望で4ミリ、鼻翼の付け根の部分は6ミリ切除しました。術後1ヶ月後のお写真です。
DSC07106.JPG
 傷の赤みはかなり引いています。術後3か月後のお写真です。
DSC01666.JPG
 傷跡はほとんど目立たない状態ですが、患者様が気になるという部分のみ傷跡修正を無料ですることになりました。美容外科手術は魔法ではありませんので、どんなに丁寧に縫合しても白い線状の傷跡は必ず残ります。術後1ヶ月後の笑った時のお写真です。
DSC07108.JPG
 まだ硬さが残っているので笑った時はやや不自然さがあります。術後3か月後の笑った時のお写真です。
DSC01670.JPG
 硬さが完全に取れて自然に笑えるようになっています。

 鼻の下の長さは、先天的に長い方もいらっしゃいますし、加齢によって徐々に長くなる方もいらっしゃいます。鼻の下の長さの平均値は15ミリで、これを大きく超えると鼻の下が長くお顔が大きく見えてしまいます。

 加齢により鼻の下が長くなると、それに伴って上唇も薄くなってきます。鼻の下の長さが15〜17ミリ位の方であれば、上唇にヒアルロン酸を注入してヘリをしっかりと作るだけで鼻の下の長さが適切に見えるようになりますが、20ミリ近くある方の場合はやはり手術を行うしかありません。

 この部分の手術はデザインが命です。他院の手術で鼻の下を真っ直ぐに切開している症例なども見受けられますが、それでは傷跡が目立ってしまいますし、唇の真ん中だけが厚くなって唇の形が富士山のようになってしまいます。

 私のデザインは、なるべく傷が目立たないように一部鼻の穴の中に切開線を上げてあり、尚且つ真ん中よりも鼻翼の付け根部分を多く切るようにデザインしています。口輪筋の短縮を行うと鼻の下が不自然に膨らんでしまいますし、口輪筋の短縮を行う方が戻りが生じやすいと考えておりますので、私の場合は口輪筋の短縮は行いません。この手術方法で戻ったと言われたことは一度もありませんので、皮下剥離をしっかりと行って密に中縫いをすれば戻りはないと考えております。

 当院ではリップリフトは32万4千円で行っておりますが、いつものお約束通り(笑)「ブログを見た」と言って頂ければ10%オフにて施術いたします。また、この患者様のように患部のお写真を提供して頂ければ施術費用が半額になる半額モニター患者様も募集しております。

この施術に関する過去の症例記事がございます。左カテゴリーより選択の上ご覧下さい。

あきこクリニックTEL03−5717−3444またはメールinfo@akiko-clinic.comまでご連絡お待ちしております。当院ホームページはhttp://www.akiko-clinic.comです。

ランキングに参加していますので
こちらをクリックして下さい★
    ↓↓↓↓↓↓
http://beauty.blogmura.com/      
posted by: akiko-clinic | 口元 | 05:45 | - | - |-