Search
Calendar
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< August 2017 >>
ランキングに参加しています。クリックお願いします。
にほんブログ村 美容ブログへ
にほんブログ村
Recommend
New Entries
Recent Comment
Recent Trackback
Category
Archives
Profile
Links
mobile
qrcode
RSSATOM 無料ブログ作成サービス JUGEM
眼瞼下垂手術抜糸までの経過

 うちのクリニックは完全自費診療のクリニックなので、たとえ保険適応の手術であっても全て自費での診療となります。なのですが、最近やたらと眼瞼下垂の手術が多いです。まずは手術前のお写真です。

IMG_4113.JPG

 患者様は10代の女性です。内側に少し幅がある末広がりのラインをご希望で、全体的に開きを良くしたいということで手術を行いました。通常の挙筋腱膜前転法で問題なく開きが良くなったので、腱膜前転は片側3点ずつ行っております。手術直後のメチャメチャ腫れている時から「すでに目が開けやすいです」と仰って頂きました。術後5日後の抜糸直後のお写真です。

IMG_4201.JPG

 内出血と腫れがまだ残っており、まぶたの開きもまだ少し悪いですが、腫れの引きとともに開きは良くなっていきます。抜糸直後の目を閉じた時のお写真です。

IMG_4203.JPG

 抜糸直後なのでまだ痛々しい感じの傷跡となっています。この痛々しさは数日で改善し、赤い傷跡となります。傷跡の赤味が引くまでには3ヶ月程度のお時間が必要です。今後の経過もアップします。

 

 眼瞼下垂の手術にもいろいろな方法がありますが、現在は基本的に挙筋腱膜とミュラー筋の間を少しだけ剥離して腱膜前転を行っています。ただ、その方法では開きが良くならないケースもあり、その場合はミュラー筋との間をもっと剥離してミュラータッキングも行っています。

 

 術後5日〜1週間は見える位置に糸が付いており、それを抜糸しに来て頂く必要があります。腫れと内出血はかなり個人差があり、抜糸時にはそれほど気にならない状態になっている方もいらっしゃいますが、かなり強く内出血が出てしまうこともありますので、術後10日〜2週間は大事なご予定がない時に手術をお受けになることをお勧めいたします。

 

 当院では眼瞼下垂の手術は両目で35万円(税込み37万8千円)で施術を行っておりますが、いつものお約束通り(笑)「ブログを見た」と言って頂ければ10%オフにて施術致します。また、この患者様のように患部のお写真を提供して頂ければ施術費用が30%オフとなるモニター患者様も募集しております。

 

この施術に関する過去の症例記事がございます。左カテゴリーより選択の上ご覧下さい。

 

あきこクリニックTEL03−5717−3444またはメールinfo@akiko-clinic.comまでご連絡お待ちしております。当院ホームページはhttp://www.akiko-clinic.comです。

ランキングに参加していますので
こちらをクリックして下さい★
    ↓↓↓↓↓↓
http://beauty.blogmura.com/  

posted by: akiko-clinic | 目元 | 06:55 | - | - |-