Search
Calendar
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< December 2018 >>
ランキングに参加しています。クリックお願いします。
にほんブログ村 美容ブログへ
にほんブログ村
Recommend
New Entries
Recent Comment
Recent Trackback
Category
Archives
Profile
Links
mobile
qrcode
RSSATOM 無料ブログ作成サービス JUGEM
カニューレ針が針よりも安全というわけではありません

 ヒアルロン酸を注入する際に、主に針を使用するドクターとカニューレ針を使用するドクターがいます。カニューレ針というのは、先端が鈍になっていて、血管を傷つけにくいのですが、血管に絶対に入らないというわけではありません。カニューレ針は1本あたりが高いので、カニューレ針代を別に取るクリニックもあります。

 

 何も知らない患者様から見たら、血管を傷つけにくい針を使用している方が内出血のリスクも低く安全に思えるかもしれません。同じG(ゲージ・・・太さを表す単位))数ならば、針よりもカニューレ針の方が内出血のリスクは減ります。でも、安全性については必ずしもカニューレの方が安全というわけではありません。もっとも太いカニューレ針(例えば18Gとか20Gとか)でも、血管よりは細いので血管内に入ってしまうことがあります。

 

 ヒアルロン酸注入による血流障害の報告が日本でも多数見られるようになってきましたが、血流障害を避けるために必要なことがいくつかあります。

・解剖を熟知していること これは単に面としての解剖を良く知っていることではなく、縦の層も良く知っていることが必要です。学生時代の解剖では、顔の解剖を一所懸命にやるわけではないので、医師になってから顔の解剖をきちんと勉強していることが必要です。いくら本で勉強しても限界があるので、海外などで顔の解剖をしっかりと勉強することが必要です。

・ゆっくり注入すること ヒアルロン酸注入で事故を起こしてしまう人というのは、注入するスピードが速くて注入圧が高い人です。皮膚の色をしっかりと見ながらゆっくり注入することが大切です。

・きちんとした製剤を使用すること ヒアルロン酸製剤はいろいろな国のいろいろな会社が作っています。1ml当たりの納入価格は全然違います。作り方や特性を知らずにとにかく安いヒアルロン酸を仕入れているクリニックもあります。安全性が確立されたヒアルロン酸を適した部位に使用することが大切です

 

 どんなに熟練したドクターが施術を行っても、事故を100%防ぐことは出来ません。もしも事故が起きた時にどのようにすればよいかを知っていて、ちゃんとそのための準備をしておくことが必要です。うちのクリニックにはAEDまでおいてありますが、もちろん一度も使用したことはありません。備えあれば憂いなしだと思っております。 

 

・あきこクリニックTEL03−5717−3444またはメールinfo@akiko-clinic.comまでご連絡お待ちしております。当院ホームページはhttp://www.akiko-clinic.comです。

ランキングに参加していますので
こちらをクリックして下さい★
    ↓↓↓↓↓↓
http://beauty.blogmura.com/   

posted by: akiko-clinic | ヒアルロン酸・ボトックスの注入 | 06:18 | - | - |-